この記事を読んだ人におすすめの記事×

育てたい植物検索!

このコーナーでは、美味しい野菜を作ることの出来る秘訣をご紹介!なんとその秘訣とは『土』にあったんです!!植物にピッタリの培養土を探してみましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

この植物におすすめの培養土って何?

【生徒】
なんだか、土の博士になった気分!早く植物を育ててみたいな!

【先生】
育てたい植物は決まりましたか?それでは、植物別にピッタリの土を探してみましょう!

【育て方ワンポイント】

●あまり多湿環境を好みません。排水性の良い土を選びましょう。


トマトについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●多湿を好むため、充分に水を与えましょう。

●高温を好む野菜なので、苗の定植はゴールデンウィークを過ぎた十分に温かい時期がオススメです。


ナスについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●寒さに弱い野菜なので、4月はトンネルを張り、寒さを防ぎましょう。

●葉や茎は非常にもろく折れやすいので、支柱立てや誘引を行うときは折れないように注意して行いましょう。


キュウリについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●30℃以上だと発芽しにくいので、まき時をきちんと確認しましょう。

●暑さを嫌うため、涼しい時期の栽培をオススメします。


レタスサラダ菜については『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●高温を好み、低温にあうと育ちが悪くなるので気をつけましょう。

●一番最初の実は思い切って若どりをして、株全体に養分がいきわたるようにしてあげましょう。


ピーマンについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●食用として売られているジャガイモは、ウィルスに感染している可能性が高いので、種いもはきちんとした園芸用の無病のものを購入しましょう。

●冷涼な気候を好み、高温になるほど肥大が悪くなります。


ジャガイモについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●高温の日当たりのいい環境でよく育ちます。反面、耐寒性は弱く、10℃以下になると全く生長しなくなります。


オクラについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●涼しい気候を好み、根の部分は耐寒性があるので冬の寒さには比較的強い野菜です。その分、生長してからの夏の暑さには非常に弱いので要注意。

●初期の発育が遅く雑草にやられやすいので、初期の除草はこまめにすることが大切です。


ニンジンについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●ダイコンの根が、完熟していない堆肥などに当たると、ヒゲ根の多いダイコンができてしまいます。しっかり完熟した堆肥を選びましょう。


ダイコンについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。
【育て方ワンポイント】

●おいしいイチゴを収穫するには、葉っぱが重なって、日陰になっている葉を切りまんべんなく光が当たるようにしましょう。

●寒さに弱いので、霜や雪にはあまりあてないようにしましょう。


イチゴについては『野菜図鑑』に詳しく掲載されています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      初心者でも失敗...新着

      初心者でも失敗...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ