この記事を読んだ人におすすめの記事×

ナス ~ 水・肥料はたっぷりと! ~

【 ナス (ナス科) 】~ 水・肥料はたっぷりと! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ナス科

特徴

煮物、揚げ物、漬け物、炒め物・・・と多くの料理法に向いている万能野菜。
日中28~30℃の気温でよく育つので、夏の暑さに強く、晩秋まで収穫を楽しむことができる、夏の家庭菜園にもってこいの野菜です。

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:30℃(昼)~20℃(夜)の変温
株間    :60cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

必要なもの

ナス苗

病害虫

アオムシ、ヨトウムシ、アブラムシなどの幼虫が発生することがあります。芽が出たら虫が来る前虫除けのカバーをかければ防ぐことができます。 詳しくはこちら

・その他気をつけたい病害虫

ダニ類(株全体)、ニジュウヤホシテントウムシ(テントウムシダマシ)(葉、茎)

ワンポイント

・高温を好む野菜なので、苗の定植は早植えしないでゴールデンウィークを過ぎた十分に温かくなるころまで待つ方が賢明です。
・水、肥料が大好きな野菜です。水は土の表面が乾いたら、肥料は1週間に一度程度あげましょう。

栄養分

ナスのほとんどは水分で、ビタミンとミネラルがわずかに含まれる程度。でも、ナスの紫色の成分であるナスニンとポリフェノールには、コレステロール値を下げる効果があります。

おすすめレシピ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ