この記事を読んだ人におすすめの記事×

ピーマン ~ 水・肥料はたっぷりと!日当たりの良い場所で育てましょう ~

【 ピーマン (ナス科) 】~ 水・肥料はたっぷりと!日当たりの良い場所で育てましょう ~ 「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ナス科

特徴

ピーマンには、メラニン色素を分解する作用のあるビタミンCが非常に豊富に含まれています。夏はピーマンを作って、畑仕事の後にピーマンをたくさん食べれば日焼け対策にもなって一石二鳥?!

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:20~30℃
株間    :50cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

必要なもの

ピーマン苗

あると便利!

病害虫

ピーマンでよく起こるのが尻腐れ症です。カルシウム不足が原因なので、カルシウム補給剤を実が付き始めたら与えるとよいでしょう。 (画像はトマトです) 詳しくはこちら

・その他気をつけたい病害虫

ハスモンヨトウ(株全体)、アブラムシ(葉、茎)

ワンポイント

・ナスよりもさらに高温を好み、低温にあうと育ちが悪くなるので気をつけましょう。また発育温度は15~20℃なので外気が十分に暖かくなってから定植することが大切です。

・一番最初の実は思い切って若どりをして、株全体に養分がいきわたるようにしてあげましょう。

・水やりは表面の土が乾いたらたっぷりと。

栄養分

ビタミンC、カロテンが非常に豊富。

おすすめレシピ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ