この記事を読んだ人におすすめの記事×

キュウリ ~ 水・肥料はたっぷりと! ~

【 キュウリ (ウリ科) 】~ 水・肥料はたっぷりと! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ウリ科

特徴

芽が出てから収穫までおよそ60日という短期間で栽培できるお手軽野菜です。
温度と日当たりさえ気をつければ、ベランダでも育てやすい野菜です。
畑がなくたって「取りたてキュウリを丸かじり!」なんていうのも夢じゃないですね。
グリーンカーテンとして育てて、エアコンの電気代の節約&おいしい野菜の収穫を楽しんでみませんか?

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:18~25℃(最低でも15℃以上)
株間    :50cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

必要なもの

キュウリ苗

あると便利!

病害虫

キュウリで気をつけたいのはウリハムシです。幼虫は土中で根を、成虫は葉や果実に寄生して食害します。見つけたら捕殺しましょう。 詳しくはこちら

・その他気をつけたい病害虫

ベト病(葉)、ウドンコ病(株全体)、褐斑病(葉)、炭疽病(株全体)、灰色かび病(果実、葉)、アブラムシ(株全体)、ネコブセンチュウ(根)、オンシツコナジラミ(葉)、ハダニ(葉)

ワンポイント

・キュウリの葉や茎は非常にもろく折れやすいので、支柱立てや誘引を行うときは折れないように注意して行いましょう。

・キュウリは花が咲いてから7日程度で収穫ができるので、収穫時期を逃さないように気をつけてください。

・誘引のポイントは一番太い茎がまっすぐに伸びるようにすること。周りに伸びるツルも生長に従い太くなるので余裕を持って留めましょう。

・あまりにも風が強いと支柱ごと倒れてしまうことがあるので気をつけましょう。

栄養分

キュウリもナスと同様にほとんどが水分で、カリウム、カロテン、ビタミンCなどを含んでいます。カリウムは塩分を体外に排出する働きがあり、利尿作用があります。むくみにも効果的です。

おすすめレシピ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ