この記事を読んだ人におすすめの記事×

猫の手作り食レシピ おせち(360kcal)

「ウチのにゃんこの特別な日に何か作ってあげたい!」
「手作り食を始めたいけど、どうやったらいいのか分からない・・・。」
そんなあなたに、簡単☆おいしい☆楽しいレシピをご紹介するコーナーです!

レシピ解説:kei さん/栄養解説:岸美加子先生

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

材料(5kgの猫2匹の1食分)

ささみ 100g
わかわぎ 30g
真鱈 100g
卵 1個(70g)
卵白 1/2個分
人参 20g
さつまいも 50g
鰹節 ひとつまみ
オリーブオイル 3cc
タウリンのサプリメント タウリン50mg相当分を含む量(※)

※サプリメントによって含有量が変わってきますので、表示をお確かめの上、必要量になるようにサプリメントを用意してください。

作り方

【1】人参・大根は千切りにしてお湯をかけてしんなりさせ、オリーブ半量をかけてなじませておく。
卵は割りほぐして、鰹節を入れておく。鱈は皮と骨を取り除き、3cm位に切って水にさらして30分ほどおいておく。

【2】鍋に湯を沸騰させ、ささみを入れ表面の色が変わったら皿に上げておく。
(1)のほぐした卵で玉子焼きを作り、まきすで形を整えておく。 さつまいもはアルミ箔で包んでオーブントースターで20分加熱・わかさぎはグリルで5分加熱しておく。

【3】水にさらしておいた鱈の水気をキッチンペーパーなどで取り除いて、フードプロセッサーですり身にし、卵白をくわえて滑らかになるまですり、クッキングシートに棒状に形を整えて蒸気の上がった蒸し器で、15分間蒸す。

■ポイント 加熱したては崩れやすいので、冷蔵庫で30分くらい休ませてください。

【4】ささみ・卵焼き・かまぼこをスライスし、さつまいもは軽くほぐして残りのオリーブオイルを混ぜて、すべての料理を器に盛り付けて出来上がり。

■ポイント 猫に与えるときは、食べやすい大きさに刻んでサプリメントを混ぜて小皿に盛ってあげてください。

\ 出来上がり♪ /

【ワンポイント】
ポイント今回作ったものは、すべて人間も食べられます。
すべて猫の材料の2倍量にすると、人間2人・猫2匹で楽しめる量になります。
味付けをしていないので、ささみのたたき・かまぼこなどはわさび醤油でお召し上がりください。

今回の料理の栄養バランス

■今回のレシピについて/ペットケアアドバイザー:岸先生より

レシピ設定:体重5kgの猫2匹 1食分
1日2回食で体重5kgの室内飼い成猫2匹分として見た場合、エネルギー的には今回のレシピ量でほぼ1日に必要なエネルギー分となります。
今回のレシピで気になる点は塩分(ナトリウム)が多いこと、ビタミンB1が不足気味なところです。
今回はビタミンEはほぼ足りているようなので、タウリンのサプリメントのみ追加してください。

■体重5kg成猫(室内飼い)の1回分(1日2回食として)の必要栄養バランス

今回のレシピ 総合栄養食 比率
エネルギー kcal 360 350 102.8%
粗たん白(※) 14.16 6.45 219.4%
脂質(※) 4.02 2.23 180.2%
ビタミンE(※) 0.69 0.74 93.3%
ビタミンD(※) IU 43.10 12.4 347.3%
※印の成分は、レシピ100gあたりの数値です。

※ビタミンEは黄色脂肪症防止に不可欠です。
※ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。

kei さんプロフィール
kei さん

6年前にティッシュちゃん、5年前に大和くんを迎え、猫との生活を始める。5年前から猫の手づくりごはんを始め、2006年に愛玩飼養管理士1級を取得する。
その他、猫の洋服やさん『Tissue's Trunk』の運営、猫の介護服制作などの活動を行っている。
■keiさんと2にゃんの日々の生活はこちらから
→ネコねこ猫な日々。keiさんのブログ『MONOTONE』
→猫との生活をより楽しむ為の猫のお洋服や『Tissue's Trunk』

ペット栄養管理士・ペットケアアドバイザー:岸美加子先生
岸美加子先生

家では人間2人(夫&子)と猫2匹(野良出身、兄妹)にごはんをあげています。 食生活面のモットーは「おいしい物をたくさん食べる!」そのためかエンゲル係数の高さが、我が家の悩みです。(お酒も飲み過ぎなのかなぁ・・・)

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      猫用品新着

      猫用品ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ