この記事を読んだ人におすすめの記事×

#11『ハウス』~ベーシックトレーニング~

「トレーニングって難しい!訓練するなんてかわいそう!」なんて思っていませんか?トレーニングは愛犬とのコミュニケーションです♪第11回は『「ハウス」~ベーシックトレーニング~』です!ハウスに入ることは、お留守番、来客時、旅行先でなどあらゆる場面で役立ちます。ハウスに入ることが好きになり、安心して休める場所であることを、ステップを踏みながらトレーニングしていきましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

今回は、ハウスのトレーニングに挑戦してみましょう。イヌは、食べ物であったり休む場所(寝床)であったり、自分の生命維持に関わる資源を守る動物です。すなわち、イヌにとって安心して休める寝床は、生きるうえで非常に大切だと言えます。
イヌにとって安心できない場所に寝床があったり、寝ている最中にちょっかいを出されたりすると、様々な問題行動に発展することがありますから注意してください。

野生下のイヌにとっては、穴を掘った場所や、穴蔵が寝床になります。今回のハウスは、まさに穴蔵の形状です。しかしただ置いといても、クッション性の高いソファーなどを好んでしまうため、自発的にはハウスに入ろうとしません。そこでハウストレーニングでは、ハウスに入ることが好きになり、安心して休める場所であることを、ステップを踏みながらトレーニングしていくことが大切となります。

<ハウスが活用できる場面>
☆寝るとき
:一頭で寝ることに馴らすと、飼い主さんと離れても不安になりません。
☆お留守番をさせるとき
:特に子犬であれば、イタズラが予防できます。
☆お客さんがお家に来たとき
:お客さんがアレルギー持ち、イヌ嫌いかも・・・。
☆車に乗った時
:イヌのシートベルト代わりになり、そして車の中から吠えることが予防できます。
☆旅行先で休ませるとき
:寝床ごと移動できるので、旅先でも安心して休めるようになります。
☆災害が起きたとき
:家具が倒れて来たとき、愛犬の身が守れます。

おりこう犬プロジェクト!動画deトレーニング! #11 - YouTube

このように、ハウスに入ることはあらゆる場面で役に立ちます。子犬であれば、小さい時から習慣付けすることで、素直に学習していってくれますし、成犬でも時間をかければ必ずできるようになりますので、挑戦してみてください。

※動画のなかで、ゴハンをハウスの中に入れて与えていますので、トレーニング後はハウス内を清潔にしてあげてください。

おすすめ商品

長谷川先生

長谷川先生

長谷川 成志(Dr. Masashi Hasegawa Ph.D.)
博士(学術:動物人間関係学分野)
麻布大学獣医学研究科共同研究員
(株)Animal Life Solutions 取締役

アシスタントドッグ育成普及委員会(H13~17年度 住友生命支援事業)の奨学生としてアメリカの介助犬団体Summit Assistance Dogsに留学し、Certificate of Achievementを取得。2009年10月には世界的なドッグトレーナーの資格CPDT-KAを取得。「人が犬を学び・犬が人社会のルールを学ぶ」をコンセプトに掲げた犬のしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール®」を麻布大学と共同で企画、運営し、講師として活動。さらに麻布大学動物応用科学科の動物トレーニング実習にて、東日本大震災で被災犬となった犬達などの健康管理とトレーニングのサポートを行っている。

スタディ・ドッグ・スクール®

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      犬のしつけ新着

      犬のしつけランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ