この記事を読んだ人におすすめの記事×

犬の冬の過ごし方

冬になると、愛犬が寒がっていないか、ついつい心配しちゃいますよね。 そんな心配を解消するために寒さに負けない愛犬との楽しい冬の過ごし方をご紹介します。 愛犬との楽しい冬を迎えるためにぜひ役立ててください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

犬は寒さ・乾燥をどう感じている

人は、首・手首・足首など、『首』がつくところを冷やすと寒さを感じるといわれています。 では、犬はどうでしょうか。
犬は人よりも低い位置で生活していることと、お腹の毛が少なめなため、下から来る寒さがより敏感に感じられます。 ブランケット1枚で温める場合を例にあげると、上から掛けるよりも下に敷いて眠るほうが寒さをしのげます。 もちろん、ペットベッドなどに寝ている場合は、上から掛けてあげてもいいでしょう。 また、すきま風も人より低い位置で感じるため、寒く感じます。

実際に愛犬がどのように感じているかを知るためには、愛犬の生活している高さに温度計を取り付けたり、ベッドの近くに一緒にしゃがんでみたりして、すきま風や下からの冷えにさらされていないかを知りましょう。 犬は室温20℃前後、湿度40~60%がいいと言われています。 愛犬の居住空間が、その数値に達しているかどうかをひとつの目安にします。

室内犬の場合、人間同様、乾燥にも気をつけたいものです。 乾燥すると、鼻や喉の粘膜が乾き、細菌やウィルスに対する抵抗力が弱まります。 加湿器を使用して、人と同じように風邪を予防しましょう。

また、屋外犬の場合は、ハウスで雨風をしのぎ、ベッドで保温していても寒そうな場合、熱反射をするアルミを使ったあったかグッズを利用したり、ベッドの下に1枚段ボールを敷いてあげたりするなどして、寒さ対策をしてあげましょう。 それでも小さく丸まって震えていたら、かなり寒い証拠です。 玄関先など屋内に入れてあげ、人の見ているところでエアコンやペット用ホットカーペットや湯たんぽを使用してあげましょう。

おすすめ商品

犬種による寒さの感じ方

犬は犬種や体格などにより、寒さの感じ方が異なります。
例えば、チワワなど暑い国が原産の犬種はシベリアンハスキーのように雪国原産の犬種より寒がりです。

寒さに弱い犬の特徴としては、

●小型犬
●幼犬、病中病後の犬、高齢犬
●病気で毛が薄くなっている犬
●犬種の原産国が温かい国
●耳などが大きく、放熱しやすい犬(チワワなど)
●毛の生え方がシングルコート、もしくはダブルコートだがアンダーコートの量が少ない
…といったことがあげられます。

小型犬は、中型犬などに比べて地上に近い距離で生活しているため、下からの冷えを感じやすいです。
体も小さいため、体温を保ちづらく、寒さには弱い犬種が多いです。

シングルコート・ダブルコートの違いは、長く硬い毛と、その下に短い毛があるのはダブルコート、長く硬い毛しかないのはシングルコートです。ダブルコートのうち、下の短い毛をアンダーコートと呼びます。雪国などでも耐えられるように品種改良された犬種は、アンダーコートが密に生えています。

<シングルコートの犬種の例:トイプードル>

たまこっちさんちのりん君

<ダブルコートの犬種の例:柴>

チコチコ動画日記で人気のチコちゃんはいっぱい取れた抜け毛でウィッグができるほど

犬の寒がっている合図

実際に愛犬が寒がっているのかどうかが分からない場合は、愛犬の動きに注目してみましょう。 愛犬が震えていたり、体を小さく縮めていたりする場合は寒がっているサイン。 ずっと寝ている、散歩に行きたがらない、水を飲む量が減っているときも寒がっていることが多いです。

水を飲む量が減ってしまうと、泌尿器系の病気にかかりやすくなります。 特に尿道が長いオスには気をつけましょう。 寒くても室内での運動を増やして喉を渇かせるなど、水分を摂取したくなるような生活環境にしましょう。 心配な場合は、尿に血が混じっていないか、排尿に時間がかかっていないかをチェックの上、獣医師に相談しましょう。

あまりに寒いと下痢をする子も。尿と合わせて、排便も変化がないか毎日みてあげましょう。

逆に、愛犬が暑がっているサインも見逃さないようにしましょう。 暑い時は、舌を出してハァハァあえぐように口呼吸を行います。 運動直後でもないのにそのような行動をしているときは、暖房が効きすぎか、衣類を着せすぎかもしれません。

冬のお手入れ方法について

冬はシャンプーをしたら風邪をひくんじゃないかと、シャンプーを控えてしまうことはありませんか? 冬でも、手早く乾かせばシャンプーは大丈夫。 むしろ、皮膚の代謝を促すためにも、1ヶ月に1度程度はシャンプーをするといいでしょう。 ただし、洗ったあとは素早く乾燥すること。くれぐれも半乾きのまま自然乾燥…とはしないようにしましょう。 乾かすときは、冷えやすいお腹まわりや胸から乾かしましょう。

また、お手入れとしてよりおすすめしたいのが、ブラッシング。 犬の毛は冬になるとアンダーコートが密になり絡まりやすくなります。 そのため、毎日ブラッシングをしましょう。 毎日ちょっとずつでもいいのでブラッシングすると、血行がよくなり、毛の根元に空気の層ができて保温効果がアップします。 お散歩後など、決まった時間に毎日できるといいですね。

おすすめ商品

冬の散歩とドッグウェアについて

冬は、散歩へ行きたがらない愛犬もいるかもしれません。 しかし、適度な運動は筋肉を作り、代謝をよくするため、冬こそ散歩をおすすめします。 先にお知らせしたように、寒いからと運動量が減ると、喉があまり渇かないので水分をあまり取らなくなり、泌尿器系の病気にもなりやすくなります。 日中の暖かい時間を見計らって、公園を走ったりして積極的に運動をしましょう。 なお、高齢犬や関節疾患の場合は、寒さで関節が痛む場合もあるので、行き付けの獣医に相談し、無理なく散歩をしましょう。

寒くて行きたがらない子や、寒さに弱い子には、ドッグウェアの着用を考えましょう。 ドッグウェアは、室内と屋外の寒暖差から愛犬を守るコートのような存在です。 健康な成犬の場合は不要ですが、寒いからと散歩を嫌がる子には、着させてみてはいかがでしょうか。
実際に着させる場合は、おしゃれだけでなく実用的な視点で選びましょう。
ドッグウェアの選び方としては、ウールやフリースなど、それ1枚で温かく、冷えやすいお腹までくるみつつも、トイレの邪魔にならないものを選びましょう。 また、重ね着は犬の動きを制限しやすいため、愛犬の立場で考えるとストレスになっていることも。 おしゃれの一環として重ね着したい場合は重ね着風のデザインを選ぶなどして、1枚で温かいドッグウェアを選びましょう。
また、ハァハァと口で息をしているようなら暑がっている証拠です。 脱がせてあげるか、少し薄手のウェアに替えてあげましょう。 また、室内では必ず脱がせてあげましょう。着せたままだと、寒さに対する抵抗力が弱まって、より寒がりになる可能性もあります。

愛犬と一緒にいるときの暖房器具の活用方法

愛犬と一緒に室内で過ごすとき使用する暖房器具は、エアコンや床暖房など、火を使わずに床付近を暖める方法がいいでしょう。 ここでは、暖房器具ごとに注意点をご紹介します。

エアコンの場合

エアコンの場合、どうしても天井付近に温かい空気がたまり、愛犬からとったらあまり温かく感じないことも。 サーキュレーターなど、温かい空気を床まで循環できるアイテムを使い、床付近までまんべんなく温めてあげましょう。

おすすめ商品

ホットカーペット・床暖房の場合

ホットカーペットの場合、床よりも小さいサイズを使用し、愛犬がいつでも涼しい場所に移動できるようにしましょう。 床暖房の場合、逆に暑すぎて逃げ場がなくなってしまうことも。 そのような場合、床にすのこやなどを敷いたり、ソファーに乗れるようにしたりするなど、自分で暑さから避難できる場所を作ってあげましょう。

おすすめ商品

ストーブの場合

室内で走り回ったり、近づき過ぎたりして危険がないよう、ストーブガードを必ず使いましょう。

こたつ

あまりおすすめできません。 中に入って出口がわからなくなったり、中で寝てしまったりして熱中症になることもあります。 飼い主が使用する際は、愛犬を中に入れないようにしましょう。 愛犬にはペット専用のホットカーペットなど、別の暖房器具を準備してあげましょう。

すべてに共通して、愛犬が自分で心地よい場所を探せるように、お部屋でも暖まりすぎない場所を作りましょう。
また、暖房器具を使用している間は加湿器も併用し、乾燥に注意しましょう。

留守番・外飼いも安心!エコで安全な保温方法

留守番のときなど、ホットカーペットやエアコンをつけたままだと心配だけど、寒いのもかわいそう…。 そんなときは、湯たんぽがおすすめです。 いたずらをしない子には、布にくるんでペットベッドに入れておきます。 いたずらが心配な子には、布でくるんだ後にケージやサークルの外に立てかけておくといいでしょう。 外飼いの子にも、同じ方法で利用できます。

また、すきま風を防ぐだけでかなり防寒対策になります。 クレートやサークルをフリースやいらない毛布でくるみます。 ペットベッドならふちが高いベッドやハウス型の物を選びましょう。

乾燥対策には、水が入った器を複数準備するか、洗濯物を室内に干すだけでだいぶ改善します。 お留守番している間も、愛犬が快適に過ごせるように、ちょっとした手間をかけてあげましょう。

外飼いの場合は、ハウスの下・横に発泡スチロールを貼り付け、出入り口はビニールカーテンをつけると保温性がぐんとアップ。 いたずらをしないように、発泡スチロールの上から木の板を貼るとなおいいでしょう。

おすすめ特集

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      犬用品新着

      犬用品ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ