この記事を読んだ人におすすめの記事×

うさぎのパスツレラ感染症(その1)

うさぎのパスツレラ感染症についてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

パスツレラ感染症は菌の感染部位によって、結膜炎、鼻涙管炎、スナッフル、内耳炎(斜頸)、肺炎、膿瘍、子宮蓄膿症など多くの病態があります。今回は、スナッフルについて説明します。

【原因】

パスツレラ菌(Pasteurella multocida)の感染が原因です。しかし、感染したらすぐ発病するわけではなく、いろいろなストレス(環境、湿度、栄養、他の病気など)が加わることで発病すると思われます。多くのうさぎがパスツレラ菌を潜在的に保有していると思われます。

【感染部位】

鼻、喉頭、肺

【症状】

鼻炎、副鼻腔炎から肺炎へと進行します。発病初期にはくしゃみ、鼻水がみられ、副鼻腔炎へと進行すると、鼻水が膿性鼻汁へと変化します。うさぎが鼻を手でこするので、前肢の内側の毛に鼻汁が着いてゴワゴワになります。 重症の場合は食欲不振、肺炎、敗血症に陥って死亡する場合もあります。

【治療】

1.抗生剤の全身投与
2.ストレスを緩和する
パスツレラ感染症は発病初期から抗生剤による治療を行えば効果的です。しかし、体内のパスツレラ菌を完全に消滅させるのは不可能です。完治したようにみえても保菌状態が続き、後で再発したり、感染源になる可能性があります。

【注意】

スナッフルの場合、くしゃみによる飛沫によって感染するため、集団感染する例も少なくありません。多頭飼育の場合は、すぐに健康なうさぎと隔離する必要があります。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      小動物新着

      小動物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ