この記事を読んだ人におすすめの記事×

夏の水やり一発解決!散水特集

このコーナーではアイリスオーヤマのおすすめ散水アイテムや水やりに関してのhowtoをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

梅雨が明ければ、カラッと太陽が眩しいあの夏がやってきます!
天気の良い晴れた日には、カラカラの植物に思いっきり水をあげたいですよね!
みなさんは植物への水やり、または打ち水などの散水を一日のどの時間帯に行っていますか?
日中の一番暑い時間帯に行っている方が多いのでは?!日中の水やりには思わぬ落とし穴が・・・。

日中散水の落とし穴

【お昼に植物への水やりはNG】
日中の水やりは強い太陽の光で水の温度が上がり、植物の根を傷めてしまいます。また夜に水やりを行うと、ナメクジなどの害虫をよびよせたり、根の生長の妨げになってしまいます。元気に育てるためにも、朝の水やりがオススメです。

【高温時の打ち水はNG】
日中の暑い時間帯は、水がすぐに蒸発するので不快な湿気となることも。
より効果を出すためには、朝もしくは夕方の打ち水がオススメです。また、玄関だけでなく育てている植物のそばにも打ち水をすることで、周りの気温を下げ植物を助けてくれることも。

【散水のオススメ時間帯は朝、もしくは夕方がポイントです。】

でも、限られた時間に水やりをするのってなかなか大変ですよね。
植物をたくさん育てている方や、庭をお持ちの方ならなおのこと・・・。

今までよりも、もっと簡単に水やりを行うことで
植物や環境に適した時間帯での水やりを行いましょう!
よくある散水のお悩みを例にして見てみましょう。

Q:植物には強すぎる水勢!どうにかならない?のお悩みを解決!

A:水量調整タイプの ホースリールがオススメです!

Scene

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      園芸新着

      園芸ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ