この記事を読んだ人におすすめの記事×

第8回:トマトとナスの芽かきをする枝はコレ!

それでは早速、トマトとナスの芽かきする枝を、 今日のポイント!として紹介しましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

第8回:トマトとナスの芽かきをする枝はコレ!

メグ 今日は間引きと芽かきですね!
早坂先生 間引きや芽かきは、栄養の分散を防いだり、風通しを良くして病気を防いだりする目的があります。野菜を健康的に育てるための作業ということですね。
ゴン でも、具体的にどの枝を間引いたらいいんでしょうか?
早坂先生 はい、よくぶつかる疑問ですよね。では実際の作業を通して勉強していきましょう。難しくないので、すぐ覚えられますよ。
メグとゴン はい、ではそれぞれの野菜ごとに、作業していきたいと思います!宜しくお願いします。

本日の道具たち

  • ここがポイント!
    それでは早速、トマトとナスの芽かきする枝を、 今日のポイント!として紹介しましょう。
    トマトやナスの芽かきをする枝は、『トマトは主枝と側枝の間から出ている枝、ナスは一番花の下2枝を残してその下』と覚えると良いでしょう。

  • 画像画像

    トマトは、主枝と側枝で『Y』の字になっているところから出ている枝を摘み取ります。

  • 画像 画像画像

    ナスは、一番花から下に数えて、2本の枝を残し、その下にある枝を全部切り取ります。

  • 難しく考えず、野菜たちを見回る中で、芽かきしていけば良いでしょう。 もちろん、冒頭の会話でも紹介した通り、芽かきの目的は、栄養の分散と、込み合っている枝を除いて風通しをよくし、病気になりやすい環境を作らない、ということです。
    芽かきをしても、まだ込み合っているようなら、この目安にとらわれず芽かきをするべきですし、生育が順調で実もなるなら、無理に芽かきをしなくても良いでしょう。

  • 画像

    そして芽かきの際に気をつけることが1つあります。
    それは、かいた芽で、他の部分の皮を剥いてしまわないようにする、ということです。 植物の体を守っている皮が取り除かれてしまうと、そこから菌が侵入しやすくなり、病気になりかねません。特に手で芽かきをするときは、関係の無い部分の皮まで剥いてしまわないように、気をつけましょう。

  • 次は他の野菜の間引きをしましょう。この菜園では、ジャガイモ、トウモロコシ、ラッカセイ、ニンジンの間引きをします。

    画像画像画像画像

    ジャガイモは1ヶ所3本立ち、トウモロコシ、ラッカセイは1ヶ所1本立ち、ニンジンは株間10cmにそれぞれ間引きましょう。徒長していたり、ひ弱な苗を間引き、葉や茎などが健康で、どっしりした苗を残します。 残す苗も一緒に抜いてしまわないように、回りの土を手で押さえて間引きをしましょう。 ジャガイモは、地面に近い場所で、枝を切り取りましょう。

  • 画像画像

    ところで今回は、前回手に入らなかったコールラビとオクラの、それぞれの苗を植え付けました。 ホームセンターにおよその入荷日を聞き、コールラビ6株とオクラ3株を購入しました。 コールラビは、もちろん初めに植え付けたものと大きさに差は出ていますが、後から植え付けた株も、ちゃんと収穫することができました。 今回の作業は、女性2人で30分程度で終了しました。

本日のポイントおさらい

トマトの芽かきする枝は、主枝と側枝の間から出ている枝。

ナスの芽かきする枝は、一番花の下2枝を残してその下。

かいた芽で、他の部分の皮を剥いてしまわないようにすること。

本日の定点観測

メグ トマトとナスの芽かきは、どの枝をかいたらいいか良く分かったね!
ゴン うん、これで毎日の見回りのときに芽かきしていけるね。

早坂先生 芽かきはそんなに難しくないんですよ。芽かきの意味をしっかり分かっておけば、自然と芽かきする枝も判別が付きますよ。
メグ この菜園では、ちょっと実験!ということで、トマト4株のうち全く芽かきしない株を1株作ることにしました。恐ろしい結果はまた後日…
早坂先生 ところで、メグさんは今回面白いことをしていましたね?
メグ
はい、コールラビが、植付け後3日で早速 ハモグリバエにやられてしまったんです!幼虫が植え付けられていて、葉の上から潰さないといけなかったんですが、虫が嫌いで素手で潰したくなかったので…
苦肉の策で、毛抜きで潰してみました!
毛抜きで潰してみました
ゴン でもこれで、被害は明らかに減ったよね!
メグ 爪で潰したりするより、確実にできたよ。それに、早めに対処したのがやっぱりよかったみたい。
早坂先生 メグさんの虫嫌いから出た工夫ですね。害虫の被害が落ち着いたところで、次回は、トマトとナスに本格的な支柱を立てましょう。
ゴン トマトには、少し変わった支柱を立てるんですよね!
早坂先生 はい、支柱、という名前のものではないですけど、こんな使い方もアリなのでは?という使い方を紹介します。
メグ この菜園は工夫がいっぱいですね、次回も宜しくお願いします!

登場人物紹介

  • 早坂ひろみ先生早坂ひろみ先生
    アイリスガーデニングドットコムでお馴染みの、ガーデンプロデューサー。 お花だけでなく、野菜作りに関してもプロ!
    土作りから収穫まで、分かりやすくていねいに、メグとゴンの指導に当たってくださいます。
  • メグメグ
    プランター菜園1年生。虫は大嫌いだけど野菜は大好き! どうやって虫を触らずに作業ができるかを考えながら、今日も水やり、草抜きに励みます。
  • ゴンゴン
    プランター菜園3年生。土に触ってる瞬間が幸せ!な野菜作り大好きの菜園家。 今までプランターで野菜を作ってきましたが、畑での野菜作りは初めてです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      手作り畑で手作...新着

      手作り畑で手作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ