この記事を読んだ人におすすめの記事×

育てたい!チャレンジしたい!お花&野菜ランキング2016!

今後育てたい!チャレンジしたい!お花&野菜ランキングを発表します!育てるコツもあわせてご紹介!見事1位に輝いたお花&野菜はなんでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

今後育てたい!チャレンジしたい!お花&野菜ランキングを発表します!
育てるコツもあわせてご紹介!
見事1位に輝いた人気のお花&野菜はなんでしょうか?

調査期間:2016年7月25日~8月21日
対象:アイリスガーデニング・家庭菜園ドットコム会員
回答数:1,237名

育てたい!チャレンジしたい!お花ランキング

1位 バラ

植える時期:11月~2月
開花時期:5月~6月、9月~10月

育てたい理由は?

・手間暇かかるお花だからこそ、自分の手で咲かせてみたい!(asgさん)

・過去にイングリッシュガーデンに足を運んで以来、我が家の庭もバラでいっぱいにするのが夢だったので。(がーくんさん)

育てるコツ

・コツ①育てる場所:よく日の当たる、風通しの良い場所に置きましょう。

・コツ②水やり:庭植えの場合は、乾燥がひどいときに水を与えましょう。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。ただし、冬季は控えめにしましょう。

2位 ラベンダー

植える時期:3月~4月
開花時期:6月~8月

おすすめ商品

育てたい理由は?

・暑い季節は苦手だけど、満開のラベンダーの香りで爽やかに夏を迎えられたら最高だと思うから。(murumuruさん)

・子どもが生まれて添加物や薬品類に敏感になった時に、ラベンダーの花が入浴剤やせっけん、防虫剤などに使えると聞いて。蚊よけになるところも◎です。(はるたんママさん)

育てるコツ

・コツ①育てる場所:日当りの良い戸外に置きましょう。梅雨の時期は雨が当たらない、風通しの良い場所に移します。夏場はコンクリートの上は避け、クーラーの効いた部屋の日が当たる窓辺に置いてもよいでしょう。

・コツ②水やり:冬は0℃以上あれば、戸外でも特に防寒の必要はありません。日当りの良い屋内に置いてもOKです。

3位 ヒマワリ

植える時期:4月中旬~7月初旬
開花時期:6月~10月

おすすめ商品

育てたい理由は?

・存在感のある花を咲かせてくれるので、その分達成感も大きいです。種も簡単にとれるので、また来年育てたくなる。(sa9zさん)

・祖父が育てていた思い出の花なので。今でもヒマワリが咲くと、「夏が来たー!」と実感できる。(たもん3さん)

育てるコツ

・コツ①育てる場所:十分に日の当たる場所に置きましょう。

・コツ②水やり:乾燥が続くと下葉が変色したり枯れる原因となるので、水切れに注意しましょう。

4位:アジサイ
5位:クリスマスローズ
6位:チューリップ
7位:キキョウ
8位:クレマチス
9位:ユリ
10位:コスモス

育てたい!チャレンジしたい!野菜ランキング

1位 アスパラガス

植える時期:3月~4月
開花時期:3年目以降の5月初旬

おすすめ商品

育てたい理由は?

・簡単な野菜ではありませんが、一度植えると長く楽しめるので。我が子のような存在です。( のくじいさん)

・食べるのが大好きで、お弁当の一品に欠かせません。自宅で作れたらいいな♪(xienさん)

・栄養(肥料)がたくさん必要だし、虫がつきやすくて神経を使うけど、おいしく出来たときの喜びは最高!(しゃんたんさん)

育てるコツ

・コツ①苗を植える時:地上部は細い茎にたくさんの葉が茂り、倒れやすくなります。倒れると茎が枯れ、養分が根まで回わらなくなってしまいます。株の両脇には支柱を立てて紐を横方向に張り、株が倒れるのを防ぎましょう。

・コツ②気を付けたい病害虫 :アスパラガスで気をつけたいのはヨトウムシです。茎が食害に遭うことがあります。見つけたら捕殺しましょう。

2位 ズッキーニ

植える時期:4月~5月初旬
開花時期:6月中旬~8月

おすすめ商品

育てたい理由は?

・何といっても夏に大活躍の野菜!焼いてよし。煮てよし。本当に優秀な野菜です!(りあげーたーさん)

・プランターでも育つと知って、マンションのベランダでも出来るか挑戦したい。(さや子さん)

・トマトを上手に作れるようになったので、今度はズッキーニをマスターしたい!トマトとズッキーニでラタトゥーユを作ってみたい。(アルギニンさん)

育てるコツ

・コツ①苗を植える時:雄しべと雌しべは1株に咲きますが、時期がずれて咲く場合もあるので、2株以上植えるといいでしょう。また、結実の確率が上がる人工授粉をおすすめします。授紛は晴れた日の午前10時頃までに行いましょう。

・コツ②気を付けたい病害虫 :梅雨時になったらうどん粉病の予防を。アブラムシも付きやすいので注意しましょう。授紛したら2~5日程度で収穫して下さい。ズッキーニは熟させずに幼果を食べます。

3位 メロン

植える時期:3月中旬~4月中旬
開花時期:7月中旬~8月

おすすめ商品

育てたい理由は?

・買うと高いので…自分で育ててお腹いっぱいメロンを食べてみたい!( 猫のぺーさん)

・小さなメロンには漬物が絶品!(さっさか母さん)

・子どもが好きなので、安心できるものを食べてもらいたい。(56丸さん)

育てるコツ

・コツ①苗を植える時:15℃以下では生育不能なほど高温を好むので、日当たりのよい場所で育てましょう。

・コツ②気を付けたい病害虫 :メロンで気をつけたいのはアブラムシです。1匹1匹は小さいですが、群生していることが多いです。水で洗い流す、薬剤散布が有効です。

4位:キュウリ
5位:スイカ
6位:サツマイモ
7位:ハーブ
8位:ナス
9位:ピーマン
10位:オクラ

最後に…

いかがでしたか? 今回は「育てたい!チャレンジしたい!」がテーマとあって、お花・野菜ともに難易度が高めのものが1位にランクインしました。手間暇をかけて愛情をたくさん注ぐと、上手に育ったときの喜びもひとしおですよね!1~3位にランクインしたお花・野菜はどちらもプランターで栽培できますので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね♪

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      園芸新着

      園芸ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ