この記事を読んだ人におすすめの記事×

「良い土」ってなんなの?①

このコーナーでは、美味しい野菜を作ることの出来る秘訣をご紹介!なんとその秘訣とは『土』にあったんです!!良い土に当てはまる条件とは?土の種類などについて説明します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

美味しい野菜を育てるには?

【生徒】
わぁ、美味しそうなトマト!今年は家庭菜園に挑戦してみようかな♪あ、でも初心者じゃこんな野菜は作れないんだろうな…

【先生】
難しいと思われがちですが、そんなことはありませんよ。野菜作りが初めての方でも、こんな美味しそうな野菜を簡単に育てることが出来るんです!野菜を育てるには、水や肥料の他に土が必要となります。土は、一見家庭菜園において何でもないアイテムに思えますが、美味しい野菜を育てる上では欠かせない重要なパートナーなのです。
美味しい野菜を育てたいけど、できれば手間をかけずに育てたいですよね。なんと、土はそんな私たちのワガママな願いを叶えてくれるんです。実は、土は私たちのパートナーとして私たちでは難しく面倒な植物のお世話をしてくれるのです!では具体的に、土が私たちの代わりにお世話をしてくれる3つのポイントをみてみましょう。

3つのポイント!

●Point1.蓄える
植物に必要な水は、一度にたくさん必要なわけではなく、毎日少しずつ必要となります。土には、養分や水を蓄える働きがあり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。

●Point2.守る
土は、様々な有害物質から繊細な根を守ってくれます。 また、土の中では温度が緩やかに変化するので、根が温度の変化に順応することができます。

●Point3.支える
植物が強風などで倒れないように土の中に根を張り、植物を支えてくれます。

【先生】
このように見えないところで土は、植物の世話をしてくれているのです。土と私たちが協力して、はじめて植物の栽培が成功します。

【生徒】
じゃあ、土ならばどんな土でも植物は健康に育つの?

【先生】
植物が健康に育つことを考えるならば、“良い土”を選んだ方が良いでしょう。

【生徒】
“良い土”って具体的にどんな土なの?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ