この記事を読んだ人におすすめの記事×

モヤシ ~ キッチン野菜に最適! ~

【 モヤシ (マメ科) 】~ キッチン野菜に最適! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

マメ科

特徴

光を当てない暗所で栽培するので、通年つくることができます。栽培はとっても簡単!子どもでも簡単にできてしまうので、植物栽培の自由研究などにもよいかもしれませんね。

育てやすさ :★★★★☆
温度発芽温度:30℃前後
株間    :密集させて種を蒔く

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

病気:特になし
害虫:特になし
その他:藻類が発生しやすい

ワンポイント

・緑豆、黒緑豆(ブラックマッペ)、大豆などのマメ類を暗所で発芽させたものをモヤシといいます。発芽温度が30℃前後の高温を必要とするので、寒い時期には保温や加温が必要となります。

・育苗トレイなどに培養土を2~3cmほど敷き、事前に12時間ほど水につけた種を蒔きます。種は浅く蒔いて、霧吹きやジョーロなどで種が動かないように水やりをします。種は湿った状態で栽培します。4~5日で食べごろになります。

・また、土を使わずに、口の広いガラス瓶などでも栽培ができます。瓶を横にして種を水に浸した状態で、水分を切らさないようにして暗所で育てます。半日程度で発芽し、栽培中は藻類の発生を防ぐために1日に2~3回すすぎ洗いをします。こちらも3~5日程度で食べごろになります。

栄養分

モヤシは植物性タンパク質の豊富な豆が発芽したもので、タンパク質を多く含んでいます。また、ビタミンC、食物繊維、ミネラル、ビタミンB1 が豊富に含まれています。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ