この記事を読んだ人におすすめの記事×

キャベツ ~ 生で食べても、加熱調理してもおいしい! ~

「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

アブラナ科

特徴

外葉が大きく広がり、まるでお花のように美しいキャベツ。
日本に初めて伝わってきたころは、観賞用として栽培されていたというから納得ですね。
栽培適温5~25℃と範囲が広いので、プランターでもわりと作りやすい野菜です。
ただ、害虫が付きやすいので注意が必要です。

育てやすさ ★★☆☆☆
発芽温度 15~28℃
株間 35~45cm

栽培カレンダー

必要なもの

キャベツ苗

あると便利!

病害虫

キャベツで気をつけたいのはアブラムシです。1匹1匹は小さいですが、群生していることが多いです。水で洗い流す、薬剤散布が有効です。発生する前にカバーで覆ってしまえば安心です。
・その他気をつけたい病害虫
アオムシ(葉)、キスジノミハムシ(葉、根)

ワンポイント

キャベツの栽培には害虫が付き物です。特に蝶類の幼虫がつきやすいので、株が小さいうちに少なめの農薬をまく、無農薬の場合にはベタがけを行うなど、早めの対処をしましょう。大きくなったキャベツの球に虫が入ってしまうと、防除が困難です。

栄養分

キャベツはにはビタミンCなどビタミン類が豊富に含まれ、「貧乏人の医者」と呼ばれるほどの健康野菜です。
胃潰瘍の予防効果があり、胃腸薬の成分にもなっているビタミンU(別名キャベジン)はキャベツから発見されました。
胃もたれを改善する効果があるので、揚げ物に千切りキャベツは好相性です。

おすすめレシピ

こちらもチェック

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ