この記事を読んだ人におすすめの記事×

シュンギク ~ お鍋の名脇役! ~

【 シュンギク (キク科) 】~ お鍋の名脇役! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

キク科

特徴

わき芽が旺盛に伸び、栽培適温も幅広いので、家庭菜園に最適な野菜です。
日本ではお鍋に入れたり、おひたしにして食べますが、春にトウ立ちすると、黄色の菊に似た花を咲かせます。収穫を楽しんだ後は、お花を観賞するのもいいですね。

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:15~25℃
株間    :15~20cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

ベト病、炭ソ病、アブラムシ、ナモグリバエ、ミナミキイロアザミウマ

ワンポイント

・酸性の土壌には向かないので、栽培を始める前に石灰をうないこんで、酸度調整をしておきましょう。また、乾燥に弱いので、保水性のある土壌で育てましょう。


・種をまいたら、土は薄くかけましょう。


・本葉7~8枚、草丈が15cmくらいになったら、間引きながら収穫していきます。株間が15~20cmにまで間引きをしたら、あとはわき芽を摘んでいけば、長く収穫ができます。

栄養分

ビタミンB1、B2、Eの他、カルシウムや鉄分、カリウムを豊富に含んでいます。ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があるため、肌荒れや風邪の予防に役立ちます。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ