この記事を読んだ人におすすめの記事×

第11回:雪化粧の植物たちと春の訪れ

今回は、ガーデンシクラメンを使った寄せ植えと、冬野菜として育てやすいコマツナ・ホウレンソウの種まきをしました。寒い冬を乗り切るため、日用品のあんなものを使って寒さ対策しましたよ。ぜひご覧ください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

今年の冬も、厳しい寒さが続きました。
雪が降ると、ベランダの植物たちも雪に覆われました。

室内側においていたシクラメンたちは、屋根のお陰であまり雪がつもりませんでしたが、 外側に置いたライズボールプランターにはストックが埋もれてしまうくらい雪が積もりました。淡いピンクが雪間にのぞいています。

雪に埋もれなかったシクラメンも、寒さにあたって少ししおれてしまいました。

そして次の日。
暖かい気温のお陰で、雪はすっかり解けていました。

昨日雪に埋もれていた花たちも、顔を出しました。そこには元気な植物たちの姿が。
冬であっても鮮やかな色の花を見ると、なんだかうれしくなります。紅葉したアイビーの葉もしっかりしています。

そして寒さ対策として、シャワーキャップを使ったコマツナとホウレンソウ。
寒さにも雪にも負けず、かわいらしい芽を出しています。春の訪れを感じます。

庭がなくても園芸は楽しめる!そんな思いを伝えたくてベランダの目隠しから始めたこのコーナー。
マメを収穫したり、花を育てたり、ベランダでも行える園芸をご紹介してきましたが、今回が最終回となります。楽しんでいただけたでしょうか。
広い場所がなくても植物は育てられます。もちろん庭でも。そしてちょっとした工夫で楽しみ方は限りなく広がります。
このコーナーをご覧になって、これをやってみよう!と思ってもらえたらとてもうれしいです。
みなさん、これからも園芸を楽しんでいきましょう。

★Dr.義明とは・・・?

農業改良普及員の園芸・育種に関する2つの免許を持つなど家庭菜園・ガーデニング共に精通されています。 また、造園業者で3年、ガーデンセンターで6年、アイリスオーヤマで23年と園芸に関して32年もの間携わってきた実績もあり、正に園芸業界のスペシャリストです。 子供の頃に育てたサボテンが1番好きだと話すDr.義明。親しみやすく明るい性格で、みなさんの疑問にも分かりやすく回答していただけます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      園芸スペシャリ...新着

      園芸スペシャリ...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ