この記事を読んだ人におすすめの記事×

ソラマメ ~空豆?蚕豆?おたふく豆??~

秋にソラマメの種蒔きをすると、5月頃には収穫ができます。比較的冷涼な気候を好み、気温が25℃を超えると生育に良くない影響が出る可能性があるので涼しい時期に育てましょう。初心者の方にもわかりやすく、育てる手順とポイントをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

特徴

比較的冷涼な気候を好み、気温が25℃を超えると生育に良くない影響が出る可能性がある。
ウイルス性の病気に弱く、アブラムシはしっかりと防除を。

初心者にオススメの品種

一寸 、お多福 など

秋園芸スケジュール

工程

1日目

【種まき】
種を植えるときは、「おはぐろ」という部分が斜め下に向くようにまく。
3~4cmほど上から土をかけ、軽く手のひらで土を押さえる。

種まきの時に使うアイテムはコレ!

●プランター
収穫したい量に合わせて、プランターを選びましょう。

●培養土
鉢やプランターに対して、たっぷりと土を使いましょう。

●スコップ
土をならしたり、混ぜたりと、あると便利なアイテム。

●ふるい
土を薄く上からかける時に、あると便利。

種まきから120日目

【追肥・土寄せ】
ある程度育ってくると、倒れやすくなるため土寄せを行なう。
定植から2~3週間後に、週に一回液体肥料を与える。

土寄せのワンポイントアドバイス

ソラマメは比較的倒れやすい野菜であるため、1回の土寄せでも倒れそうであれば2回目の土寄せを行なう。

種まきから150日目

【剪定】
茎や葉が伸びすぎると、倒伏の恐れがあるのでハサミやカマで上部を切り落とす。

病害虫に注意!

美味しいソラマメを収穫するために、この病害虫に要注意!

●アブラムシ
新芽や葉に群生し、汁を吸う。またウィルス病を媒介します。
《対策》
幼虫のうちに早めに防除しましょう。

●うどんこ病
葉や茎にうどん粉をまいたような、白色のカビが円形に生える。
《対策》
窒素質肥料を使いすぎない。

\ 収穫!! / 種まきから200日目

【収穫】
開花から35~40日くらいで収穫。
サヤの背筋が黒褐色になり、光沢が出始めたら収穫時。

収穫のワンポイントアドバイス

あまり熟しすぎると、味が落ちるので早めに収穫しましょう。
収穫時の見極めが難しい場合は、試し取りをして熟度をみてみましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ