この記事を読んだ人におすすめの記事×

7月の作業:秋の草花の種まきと花壇の手入れ

こんな時期に種まき?いえいえ、今だからこそ種まきなのです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

下記にご紹介する草花は、梅雨明けまでが種まきのチャンス。タイミングを逃さないように、ご注意ください!また暑い日のお手入れにはコツがあります。ぜひご参考に。

この時期にまく種

マリーゴールド、サルビア、キバナコスモス、ジニア、ケイトウなど。真夏の間は鉢で育て、9月になったら庭やさらに大きな鉢に植え替えます。これらの苗は霜が降りるまで、つぎつぎと咲きつづけます。

今咲いている花の手入れ

今すでに咲いているサルビアやマリーゴールドは、8月中旬に葉を各枝4~6本残して切り戻しておきましょう。
元気な枝が伸びてくるので、9月中旬には再び花を楽しむことができます。

マリーゴールドは茎から根が出やすいので、先端から8センチくらいのところを切り、さし穂にすると、秋に再び花を咲かせることができます。

真夏の草花の手入れ

花壇に植えている草花には基本的に、2~3日に1回、夕方にたっぷりと水を与えます。夕方に水を与えるのは、温度の低い夜間に根の活動を活発にさせるためです。このときの水の量が少ないと、翌日の昼間に土中の水が太陽の光で熱くなり、かえって根を傷めることになるので注意しましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ガーデニング作...新着

      ガーデニング作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ