この記事を読んだ人におすすめの記事×

ギボウシ|5月の観葉植物

日本各地に自生し、栽培も大変容易なことから、鉢植えから地植えまで幅広く栽培されています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

ギボウシ

ギボウシ

日本各地に自生し、栽培も大変容易なことから、鉢植えから地植えまで幅広く栽培されています。 19世紀にヨーロッパに伝えられ、園芸品種として人気を呼び、ホスタの名前で親しまれるようになりました。 大変多くの品種があり、色や斑の入り方も様々で、日陰でも栽培できるため、シェードガーデンで重宝されています。 夏には白や薄紫の花も咲き、葉も花も楽しむことのできる植物です。

カテゴリー 多年草
科名 ユリ科
原産地 日本、中国
耐寒温度 -10℃
生育適温 15℃~25℃
咲く

ギボウシの年間栽培スケジュール

置き場所

秋から春にかけては日なたに置きますが、夏の直射日光に当たると葉焼けしてしまうため、半日陰に移動します。
地植えの場合などは、半日陰に植えましょう。
日陰の湿った場所に植えられていることが多いですが、比較的乾燥にもよく耐えます。

増やし方

種まきと株分けで増やすことができますが、株分けの方が一般的です。
株分けは、秋から早春の休眠期に行いますが、春の方が良いでしょう。
掘り上げた株をナイフで切り分け、芽が土の中に隠れるくらいの深さに植えましょう。

植え替え

根詰まりをおこしたら植え替えます。
鉢植えで2年に1度、地植えでも3~4年に1度行いましょう。時期は、3~4月が良いでしょう。
植え替えのときに、一緒に株分けをし、株数を増やすのに使っても良いでしょう。

水やり

春から秋にかけては、土が乾いたらたっぷり与えます。
休眠期に当たる晩秋~早春には、水やりの量を控えます。

肥料

春と秋に1回ずつ、置肥を与えます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      今月の観葉植物新着

      今月の観葉植物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ