この記事を読んだ人におすすめの記事×

アイビー|7月の観葉植物

寒さや乾燥に強いので育てやすく、ほかの植物と組み合わせたり、コンテナガーデンから垂らしたりするとよいでしょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

アイビー

アイビーアイビーの葉っぱ

寒さや乾燥に強いので育てやすく、ほかの植物と組み合わせたり、コンテナガーデンから垂らしたりするとよいでしょう。

つる性で緑色の葉をたくさんつけます。緑色の違い、斑の入り方の違いなどから、いろいろ好みで選べます。

カテゴリー 多年草
科名 ウコギ科
原産地 ヨーロッパ・北アフリカ・アジア
耐寒温度 約-5℃
生育適温 15℃~25℃
咲かない

アイビーの年間栽培スケジュール

置き場所

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりのよい場所に置きましょう。特に、斑入りの種類はしっかり日に当てないと、斑が消えたり小さくなったりします。
冬は、霜に当たらない場所に置けば屋外でも冬越えできますが、室内にとり込むほうが安心できます。

水やり

年間を通じ鉢土が乾いてからたっぷり水やりをします。夏は生長が盛んなうえ乾燥するので、毎日やるようになりますが、冬は耐寒力をつけるためにもできるだけ水やりを控えます。

肥料

春から秋に月1回、化成肥料の置き肥か、規定の量で薄めた液肥を2週間に1回施します。

植え替え

鉢底から根がはみ出してきたら植え替えしましょう。植え替えの時期は、気温の高い夏を避け、秋以降に行うと痛みが少ないです。

増やし方

春と秋に挿し木で増やすことができます。
水挿し
  • 1 その年伸びた茎の先に上葉を5~6枚残して下葉を取り、挿し穂にする。 その年伸びた茎の先に上葉を5~6枚残して下葉を取り、挿し穂にする。

  • 2 挿し穂を弱らせないよう、1時間ほど水につける。

  • 3ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し穂の半分くらいを挿し、2週間ほど明るい日陰で管理する。

  • 4 3~4週間後、3~4号鉢に鉢底石を並べ、観葉用土で植え替える。 3~4週間後、3~4号鉢に鉢底石を並べ、観葉用土で植え替える。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      今月の観葉植物新着

      今月の観葉植物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ