この記事を読んだ人におすすめの記事×

コニファーのトピアリー仕立て

気が付けば街は“クリスマス”…。その後バタバタとお正月がやってきます。みんなを迎える玄関ぐらいは季節感を出したいですよね?そこで、今回はこの時期お店に沢山出回るコニファーを使って寄せ植えを作りました。お正月へのチェンジも簡単に出来ます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

『コニファーのトピアリー仕立て』

コニファーのトピアリー仕立て

季節ごとにリースや小物、寄せ植えなどを変えてステキな暮らしをしたいと思うのに…。
仕事に追われて想いばかりが空回りしています。
気が付けば街は“クリスマス”…。その後バタバタとお正月がやってきます。 みんなを迎える玄関ぐらいは季節感を出したいですよね?
そこで、今回はこの時期お店に沢山出回るコニファーを使って寄せ植えを作りました。
お正月へのチェンジも簡単に出来ます。

材料
  • コニファー(ウィルマ)

    コニファー(ウィルマ)

  • ビオラ

    ビオラ(3ポット)
    ハツユキカズラ( 2ポット)
    ミニポインセチアガーデンシクラメン

  • 鉢

  • カツラマツヘッド

    カツラマツヘッド

  • リボン

    リボン

  • シサル麻

    シサル麻

準備
まず、コニファーをカットしてトピアリーを作ります。
トピアリーとは、植物を刈り込んで造形的に作ったものです。

作り方
①まず、生長点(トップの部分)をカットしてから、バランスを見ながら、下の部分をカットしていきましょう。
下の部分は、幹の際でしっかりきれいにカットしてくださいね。
刈りたては何だか寂しい感じですが、芽の生長点(一番上のところ)を切ると、脇芽が沢山出て来てふっくらとしますのでご心配なく。

②これを鉢に植えて、周りに他の植物を植えます。
コニファーをすっきりカットすることで、下の植物も映えるし、生長も良いし、可愛いし…。おすすめです。

③シサル麻を適当な大きさにカットしてくるくる丸めます。

④大きく丸めたものを、土の上にも飾ります。小さいものをコニファーに飾っても可愛いかな~?

⑤リボンも付けました。鉢の周りにもシサル麻を巻きました。
松ぼっくりなども一緒に置くといい感じです。

⑥寒さに弱いポインセチアは鉢のまま置くだけ…。夜はこの子だけ、室内に取り込みます。

\完成/

今回は6号鉢に入ったコニファーを使いましたが、大きさはどんなサイズでも可愛くできますよ。

今回は飾りを付けませんでしたが、リボンなどを外して、ポインセチアをシクラメンに変えて、お正月飾りを飾れば、ベースはこのままで、お正月も飾れます。

早坂ひろみ先生のプロフィール
ガーデニングプロデューサー。結婚を期に仙台へ。庭付きの一軒家に住むようになってからガーデニングに目覚めもう勉強。その後、専門学校の講師、ガーデンショップの企画、ホームセンターの商品部への勤務を経て、現在に至る。スクールの講師、ガーデンデザイン、イベントでの講演など宮城県を中心に活躍している。朝の情報番組『ウォッチン!宮城』にも出演中!!
早坂ひろみ先生

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      素敵にガーデンライフ新着

      素敵にガーデンライフランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ