この記事を読んだ人におすすめの記事×

運動量が多い 飼いやすさランキングで探す 犬の種類・犬図鑑

あなたの住宅環境や経験、家族構成などで調べてみてください。ぴったりのわんこが見つかるかも?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

比較的運動量が多い犬の特徴

・犬の大きさ(小型犬か中型犬かなど。ただし大型犬で体重のある犬種は、運動量はやや減る)
・牧羊犬や闘犬
・テリア犬種、ハウンド犬種

専門家のコメント

一般的に牧羊犬種・サイトハウンド犬種・テリア犬種などは運動量を必要とする犬種が多いのが特徴です。また、大型犬は小型犬に比べ、室内で遊びなどを通して運動することが困難なため、屋外などで十分な運動の機会を与えないと欲求不満になりやすいといえます。
犬の運動は、その量よりも質が大切です。犬の運動というと、飼い主との散歩を連想する人が多いかもしれませんが、実は人のペースで歩くだけでは、犬にとって望ましい運動を確保することが難しい場合が多いのです。特にお散歩のしつけでは、人のペースに合わせて歩くことが求められるので、犬にとって十分な運動にはあまりならないようです。
犬にとって好ましい質の高い運動を取り入れるには、飼い主がおもちゃで遊んであげたり、ドッグスポーツのような競技を取り入れるなど、犬の持つ本能的欲求を満たしながら体を動かすことが重要です。

おすすめの犬種

(こちらに掲載している犬種は当サイトアクセス上位30の中から犬の特徴を考慮し選定しています。掲載の無い同類の犬種もぜひ参考にしてみてください)

教えてくれた先生
鹿野 正顕(かの まさあき)さん
株式会社 Animal Life Solutions代表取締役 / スタディ・ドッグ・スクール 代表
麻布大学介在動物学研究室(旧動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。
麻布大学卒業後、人と動物の関係に関する専門家の育成・普及を目指し、株式会社Animal Life Solutionsを設立し、飼い主教育を目的としたしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール」の企画・運営を行いながら、トレーナーとしても指導にも携わっている。
2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得。
麻布大学 スタディ・ドッグ・スクール 代表
株式会社 Animal Life Solutions (ALS)代表取締役社長
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)
事業企画委員長
CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed)

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      犬種図鑑新着

      犬種図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ