この記事を読んだ人におすすめの記事×

暑さに負けるな!わんこの暑さ攻略法

梅雨の時期が終わると、暑い夏がやって来ます。
真夏だと日中の気温は体温より高い日も観測されるようになりました。暑さに弱い犬達にとって夏は厳しい季節です。今回は、暑い夏を少しでも快適に過ごせる、いろいろなアイデアについてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

犬たちへの対策

長毛犬種は、ブラッシングしてアンダーコートを取り除きましょう。通気性が良くなり、皮膚病の予防にもなります。
水遊びやシャンプーでさっぱりするのも良いですが、冷水で絞ったタオルで体を拭き、サーキュレーターや扇風機の風を当ててあげるだけでも気化熱で涼しくなります。

おすすめ商品

高齢だったり、療養中で被毛のコンディションを維持できない犬の場合、毛を刈ることもありますが、健康な犬へのサマーカットを考えている場合は、動物病院で獣医師やトリマーさんと充分相談してください。

全身丸刈りは被毛による遮光、断熱効果を損ねたり、虫に刺されやすくなる、野外活動の際に皮膚を傷つけるなどの弊害もあります。どんな暑い地域でも無毛の野生動物はいません。毛皮は彼らの防護服でもあるのです。

毛皮は彼らの防護服です
やむを得ず長毛犬種をカットする場合、
丸刈りにせず、2~3センチは残しましょう。

丸刈りは日焼け、虫刺され、野外で
体が傷付きやすくなります。

お散歩も早朝か、陽が沈んで暫くしてからの時間帯にシフトしましょう。
夕方ならばアスファルトの路面を手で触り続けていられるくらいが出かけ頃です。夏場、ナイター営業のドッグランも増えています。少々気温が高くても直射日光がない分、犬への負担も少なくなります。

手近な物を利用した裏ワザ

ペットボトル

ペットボトルは手軽なひんやりグッズとして再利用できる優れものです。

500mlのペットボトルに水を入れて凍らせます。タオルや靴下などに包んで枕代わりに。
氷が溶けたあとは冷水として飲用にも使えます。
ペットボトルをかじってしまう子には、金属製の湯たんぽに氷水を入れたものがおすすめです。

2Lサイズの凍らせたペットボトルを数本並べてサーキュレーターや扇風機の風を当てると涼感が得られます。

凍らせたペットボトルを並べて
扇風機で風を送ると、涼しい風がおこります。

保冷剤

ケーキなどに入っている小さな保冷剤も部分的な冷却に便利です。

超小型犬の氷枕代わりにしたり、ハンカチやバンダナに包んで首に巻く方法もあります。かさばらないので、冷凍庫に常備しておくと便利です。

凍らせた保冷剤またはペットボトルを布に包んでアルミプレートの縁に載せておくと、冷感がさらにアップします。

留守中は、凍った保冷剤がクーラーのない状態でどの程度持つか確認しておくと安心です。

その他のアイデア

飲み水に氷を数個入れます。お散歩後のクールダウンに。

ペット用ウエアも一旦水に浸し、脱水してから着せると気化熱の作用によって涼しくなります。サーキュレーターや扇風機で風を当ててあげると効果が上がります。

飲み水には氷を。

服を一旦、水に浸して絞ってから 着せると気化熱で涼しく感じます。

室内温度を下げる

室内温度を下げる
暑いと、ついクーラー(冷房)に頼りがちですが、人も犬も外気温との差は5℃までが体に負担が少ないと言われています。そうは言っても、外気が36℃もある場合、5℃差し引いても31℃です。冷房の理想温度と言われる28℃を超えており、犬の方が参ってしまいそうです。
湿度の高さから来る暑さの場合は除湿をしましょう室内温度を少しでも下げるには、

・家の周囲に打ち水をする
・直射日光を遮る
(雨戸、遮光カーテン、すだれ、よしず、オーニングなど)
・除湿する

があります。

湿度の高さから来る暑さの場合は除湿をしましょう。
湿度を押さえるだけでもかなり楽になります。

近年はグリーンカーテンと呼ばれる、蔓(つる)性の植物を植える方法も注目されています。

花の美しさを楽しめるアサガオや、簡単に収穫できるゴーヤが人気を集めており、栽培セットも販売されています。

植物が呼吸する際の蒸散作用で周囲の温度が下がることが立証されており、安定した効果が期待できます。足元にはグランドカバーと呼ばれる丈の短い植物を植えるのも照り返しの防止になります。

室内で過ごす犬

室内で過ごす犬はエアコン(冷房)の効かせ過ぎに注意しましょう。老犬、仔犬、療養中の犬は外気との極端な温度差に体がついていけず、体調を崩すことがあります。
直接冷風が当たる場所を避け、アイスジェルマットやクールジェルマット、アルミプレートなどで、犬が本来取る行動の”土を掘って腹部を冷やす”手伝いをしてあげましょう。

tommy4704さんちの愛犬すーちゃん

夏場はまれに、落雷による停電が発生する恐れがありますので、長時間の留守番は注意が必要です。 クーラー(冷房)をつけていてもブレーカーが落ちてしまうと夏の暑さ(熱中症)対策の意味がなくなってしまいます。ですので、天気予報にも注意しましょう。

夏場はサークルやケージの置き場所も考えてみましょう。風通しの良い廊下、玄関や勝手口のタイルやコンクリートの床など、涼しい場所へ移動するのも手です。冬用のベッドも、夏用の涼しい素材のものに替えましょう。

外の犬舎で過ごす犬

犬舎エリアの遮光と通気性をよくしてあげてください。犬小屋も照り返しの少ない日陰へ移動させましょう。 暑い時間帯はたくさん水を飲みますので、水も減りますし、唾液で汚れます。大きめの容器、または複数の容器にたっぷりと水を用意して水分補給させてください。

タライや簡易プールに水を入れておくのも良いでしょう。水遊びの好きな子なら、中で浸かったり、水をかき出したりして遊んでくれます。

おすすめ商品

最後に...

犬にとって夏は熱中症に気を付けたり、体調管理が難しくなったりします。
今回紹介したアイデアやグッズを参考に秋の気配が訪れるまでの約3ヵ月間、飼い主さんと愛犬が健康で過ごせるよう、猛暑に備えましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ