この記事を読んだ人におすすめの記事×

柴犬のチコ。「チコの家族。」を語る! 柴犬のチコ語大辞典

はじめまして、柴犬のチコです。これからママと一緒に「チコ語大辞典」というコーナーで頑張ることになったの!ヨロチコね♪第一回目の今日は~チコのことを初めて知るみなたんのために、チコの家族を紹介しま~す♪

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

柴犬のチコ語大辞典

第1回 柴犬のチコ。「チコの家族。」を語る!

チコ

はじめまして、柴犬のチコです。これからママと一緒に「チコ語大辞典」というコーナーで頑張ることになったの!ヨロチコね♪第一回目の今日は~チコのことを初めて知るみなたんのために、チコの家族を紹介しま~す♪


チコの家族

チコのおうちはいわゆる核家族。
チコはパパ、ママと一緒に暮らしています。
そして近所に住むチコママのお母さん「ばーたん」、チコママのお姉さん「ねーたん」もチコに会いたいがために、ときどき(頻繁に?)チコの家に遊びに来ます。
総じて、皆チコにメロメロです。そんなチコファミリー、チコから見たらどんな感じなのでしょうか・・・?


  • チコ
  • チコ
  • 4歳のとっても元気な女の子なの!特技はバッタ狩りと、小川で泳ぐこと♪お友達も、いっぱいいるのよ!毎日、元気にい~っぱい遊んでママやパパ達を笑顔にすることがお仕事なの♪


  • そうそう♪あとは「抱っこ」「ママにチュー」ができれば完璧なんだけど♪チコちゃん、がんばって~(笑)


  • チコママ
  • チコママ
  • ご飯を食べる時もネンネする時も、ず~っとチコと一緒なの。
    チコとママは、お目目でオシャベリできるのよ。
    割とおっちょこちょいだから、チコの方がしっかりしなくちゃ~って思ってるの~フフ。


  • んご!たまにママを熱い眼差しで見つめているけど・・あれは心配だったから?そうなの?!


  • ばーたん
  • ママのママらしいけど、チコにとってはお友達みたいな存在なの。
    いつも二人でプロレスしたりお相撲をとったりして遊んでいるの。
    ママには「だめ!」って言われてるオヤツも、ばーたんはいっぱいくれるから大好きなの♪


  • チコちゃんは、ばーたんのアンヨが悪いことも体が弱いことも知ってるんだよね。
    「いつも一緒に、ゆっくり歩いてくれてありがとう」ってばーたん言ってたよ♪これからもよろしくね!


  • ねーたん
  • ママのねーたんなの。
    チコをマッサージするのが大好きみたい~。
    だからいつも、背中をマッサージさせてあげてるの!チコ、えらいでしょ♪


  • えらい、えらい♪これからも、いっぱいマッサージさせてあげてね(笑)


  • チコパパ
  • 「狩り(お仕事)」が忙しくて、あんまりチコと一緒に遊べないの。
    でも、狩りがお休みの日は、いっぱいボールを投げて遊んでくれるの。
    パパのお財布にチコの写真が入ってることは、みんなには内緒なんだって~フフ。


  • チコちゃん知らないでしょう。パパはね、毎晩チコの寝顔を見ては「可愛いすぎる・・」って呟いているのよ。ふふ。
    これも内緒かなぁ~。


チコ

以上がチコの家族なの。みんなチコにメロメロなの~!
これから、ママと一緒に「チコ家のマイブーム」や、みなたんがいつも日常的に使っている単語。あと『うちのワンコはこの単語、どう理解してるのかな?』と思っている単語などなどを、チコ的にジャンジャン解説していっちゃうの~。


編集部より

「チコの家族。」の解説はいかがだったでしょうか。

チコを中心に、家族全員「ラブラブ」のひと言に尽きますね。
家族からチコへの愛が、チコから家族への愛に変わり、愛の循環へ・・・!
素晴らしいですね。今後、チコとチコの家族で、チコ語の解説をしていきます。
ラブラブ家族の作り方のヒントが盛りだくさんなので、お楽しみに~☆

プロフィール

  • チコ

    大きなお鼻と笑顔が自慢の女の子。特技はバッタ狩り&水泳(日本犬なのに♪)趣味はフレグランスにスリスリすること。(主にタニシ)

  • チコママ

    九州の田舎に住む主婦。
    チコとパパの三人暮らし。
    おっちょこちょいでチコパパに「お願いだから無難に生きてくれ」と真顔で頼まれた過去アリ。

    ブログ「柴犬のチコ。」


この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      柴犬のチコ語大辞典新着

      柴犬のチコ語大辞典ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ