この記事を読んだ人におすすめの記事×

猫の喘息 気管支炎

慢性的に咳をする猫ではよく見られる疾患です。
シャム猫に多い傾向にあり、年齢に関係なく発症します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

原因

有害刺激やアレルギーなどにる気道の刺激から 気管、気管支の肥厚、狭窄を起こす。
猫ではアレルギー性のものがよく見られます。吸引性のものが多く、タバコの煙などでなることもあります。

症状

・咳
・くしゃみ
・呼吸困難

突然現れることが多いです。症状が重いと呼吸困難から開口呼吸をしてチアノーゼが見られる。
※チアノーゼ:酸欠状態に陥ったとき、皮膚が青みがかってくる現象。

診断

・聴診とレントゲン検査
・気管洗浄

治療

ステロイドで炎症を抑えます。細菌感染が疑われる場合は抗生物質。
通常慢性的な経過をとるので継続的な治療が必要です。アレルギーが原因の事が多いので再発を繰り返しはしますが、一般的に薬への反応は良好です。.

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ