この記事を読んだ人におすすめの記事×

猫の巨大結腸

巨大結腸とは、結腸の効果的な運動性がなくなり、拡張巨大化する異常のことで、便秘または重症便秘を伴います。ブドウ膜炎とはブドウ膜の一部または全部に炎症が起こる病気です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

原因

<主な原因>

外傷 骨盤骨折の不整癒合、腸管の狭窄、腸管内外の腫瘍による圧迫、異物などによる通過障害
機能的障害 代謝性疾患、外傷による結腸の神経支配の異常、神経筋障害など
先天性 肛門閉鎖症、仙椎の奇形など

症状

・便秘、しぶり(便が出もしないのに便意をもよおしてウンウンきばっている状態)、頻回の排便行為などが見られます。
・食欲不振、体重減少、被毛粗剛などが見られることがあります。
・いきみや粘膜刺激の結果、粘液や血液の混ざった液状便(下痢)が見られることがあり、飼い主さんが誤って下痢を主訴に来院されることがあります。
・ひどい便秘が続くと脱水、衰弱、嘔吐を起こします。

診断

直腸検査、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査、神経学的検査、血液生化検査などがあります。

原因

対症療法
(病気の原因に対してではなく、その時の症状を軽減するために行われる治療法のこと)
下剤、便軟化剤、浣腸。場合によっては便をかき出すのに麻酔が必要なことがあります。
支持療法
(継続して行っていく治療法、またメインの治療ではない サブ的な治療法のこと)
便を柔らかくするような食餌や定期的な浣腸など長期にわたる内科的治療が必要です。
外科的療法 内科的治療ではうまく管理できず、飼い主さんの負担も大きい場合は部分的結腸切除術を考えます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ