この記事を読んだ人におすすめの記事×

梅雨時期の洗濯のコツとカビ対策

毎日の家事を預かる主婦を憂鬱にするのが、「梅雨」。ジメジメして洗濯物は乾きにくいし、カビに悩まされることもあります。今回は、そんな梅雨でも気持ち良くお洗濯して、スッキリ快適に暮らすためのコツを探っていきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

毎日の家事を預かる主婦を憂鬱にするのが、「梅雨」。ジメジメして洗濯物は乾きにくいし、
カビに悩まされることもあります。
今回は、そんな梅雨でも気持ち良くお洗濯して、スッキリ快適に暮らすためのコツを探っていきます。

梅雨っていつ?

梅雨とは、晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる現象、またはその期間のことをいいます。

具体的にはいつからいつまでを指すのかというと・・・実は、明確な定義がありません。気象庁がこれまでの天候と1週間先までの天候見通しを元にして、地域別に梅雨入りや梅雨明けを発表します。
梅雨の入り明けには、平均して5日程度の移り変わり時期があり、たいていはその中日をとって「○日ごろ」と発表されます。

最初に発表される梅雨入り・梅雨明けはあくまでも見通しに基づく速報ですから、気象庁は梅雨が過ぎた後で詳しく調べ直して確定日を発表しますが、速報日と確定日に大きな差が出る場合もあります。
平成11年の例では、1番早い沖縄で、5月9日ごろの梅雨入りで6月23日ごろの梅雨明け、1番遅い東北北部では6月14日ごろの梅雨入りで6月28日ごろの梅雨明けでした。

しとしと続く長雨、アジサイや蛙は嬉しそうだけど・・・しとしと続く長雨、アジサイや蛙は嬉しそうだけど・・・

梅雨時期のお洗濯のコツ

梅雨の悩みのタネといえば、お洗濯。雨が降れば外には干せないし、曇りで外に干したとしてもなかなかスッキリ乾かない上、洗濯物のニオイも気になります。そこで、渇かないイライラや、気になるニオイを制する3つのコツをご紹介しましょう。

ニオイが気になる梅雨のお洗濯・・・ニオイが気になる梅雨のお洗濯・・・

1.汚れ物をため込まない。

梅雨時期に、カラッと晴れる日など少ないもの。晴れを待つより毎日少しずつこまめに洗う方がベターです。
汚れは時間を置くほど取れにくくなってニオイの原因にもなりますし、
洗濯物の量が増えれば部屋干しも大変です。

2.早く乾かすための工夫をする。

3.ニオイ対策をする。

(1)臭いの元から落とす高機能ナノ洗剤や、室内干し向けの洗剤・柔軟材を使用する
(2)風呂の残り湯を利用する際には除菌処理をする
(3)洗濯槽の中のカビ汚れを専用洗剤などで取り除く
というのがすぐに試せる、効果がわかりやすい方法です。

この3つのコツを抑えれば、洗濯物はふんわり乾いて良い香り。
梅雨時期のお洗濯も、もう憂鬱になりません!

・おすすめアイテム

梅雨のカビ対策

1.浴室のカビ対策

梅雨時期の梅雨対策も悩みのタネですね。
カビと聞いてすぐに思い浮かぶのは、やっぱり浴室
カビが生えてしまった浴室は、
除菌剤入りの洗剤やカビ取り洗剤で掃除するのが良いでしょう。

生えてしまったカビは、カビ取りスプレーで対処。生えてしまったカビは、カビ取りスプレーで対処。

小さいお子さんのいるご家庭や、肌が弱い方で洗剤を使いたくないという場合は、熱湯を利用しましょう。乾燥に弱く湿気を好むカビですが、実は、熱に弱いという性質もあります。広がってしまった浴室のカビも、熱湯をかけると落とすことができます。さらに、スチームクリーナーを使うとより効果的です。ただ、殺菌機能はついていないため、ついてしまったカビの色素が多少残ることはあります。しかし、今後生えてくるカビを抑制しますので、お掃除の頻度を減らすことができるでしょう。

しっかり掃除ができた後は、カビの発生を予防するために、Ag+イオンを配合した抗菌効果の高いお風呂用品を使うのも良いでしょう。当サイト会員のaraoさんからは、こんなカビ予防の裏ワザを教えていただきました。

「最後にお風呂から上がるときに、水きりワイパーで壁や天井の水気をサッと取り換気扇の後、送風か冷風をかけるとカビがほとんど出ませんよ。(araoさん)」

浴室のカビ対策には、毎日のひと手間が大切なのかもしれませんね。

2.クローゼットや押し入れのカビ対策

カビは、見える場所ばかりでなく、クローゼットや押し入れなどの隠れた場所にも発生します。 クチコミひろばには、こんな声が届いています。

「以前住んでいたマンションのクローゼットは、トイレ裏で湿気がひどかったので、電気代はあきらめてクローゼットを開け放して、除湿機をかけっぱなしにしてました。かなりの量の水がとれたので、つかってなかったら…ぞっとします。(フィーさん)」

フィーさんの声に代表される通り、見落としがちな場所だからこそ、グッズも活用して、きちんと対策したいものですね。

クローゼット・押入れには除湿機が効果的。クローゼット・押入れには除湿機が効果的。

・おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      空調・季節家電新着

      空調・季節家電ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ