この記事を読んだ人におすすめの記事×

2月のテーマ 春は、黄色の気分

ガーデンプロジューサーの早坂ひろみ先生に、初心者でも気軽にチャレンジできる寄せ植えのポイントを分かりやすく紹介していただきましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

毎年、立春を迎えると、春だな~と思います。
ガーデンショップに勤めていた頃、春になると黄色の花が飛ぶように売れるのがとても不思議でした。もともと春の花には黄色が多いとは思いますが、カラーが豊富なビオラやパンジーも黄色だけが…??「西に黄色」と言う風水人気も関係しているかもしれませんが…。

もともと、黄色はとてもエネルギッシュな色なのです。春は芽吹きの季節で、とてもエネルギーが活発に動きます。だから、自然と惹かれるのかもしれませんね。

今回は、そんな黄色のコンテナです。黄色の花をよりきれいに見せてくれる葉物と一緒に植えてみましょう。

今回の植物

なんといってもオススメはサクラソウのウインティー。写真だと解りにくいかもしれませんが、ライムグリーンの花なのです。
その他は黄色やオレンジの花と、黄色系の明るいグリーンの葉物と先端が黄色のブリムストーン、あまりに黄色になるのを和らげてくれる白妙菊です。

準備する道具

作り方

【1】鉢底に、ネットに入れた鉢底石を入れる。
用土を八分目程度入れて、植物の根を軽くほぐして植える。

【2】ベアグラスは3つ程度に株分けして、花と花をつなぐように植える。

【3】植え終わったら水コケで表面を覆う。

完成!

黄色やオレンジの花には補色の紫の葉も合いますが、今回は春らしく、柔らかさを出すために同系色の明るい黄色系の葉を使いました。黄色の花が黄色系の葉によってより引き立ちますね。
このコンテナは5月いっぱい楽しめるはずです。寒い日には軒下や玄関先に入れてあげてくださいね。
ちょっとした心配りで傷まず元気でいてくれますよ。

早坂ひろみ先生のプロフィール

ガーデニングプロデューサー。
結婚を期に仙台へ。庭つきの一軒家に住むようになってからガーデニングに目覚め猛勉強。
その後、専門学校の講師、ガーデンショップの企画、
ホームセンターの商品部への勤務などを経て、現在に至る。スクールの講師、ガーデンデザイン、イベントでの講演など宮城県を中心に活躍している。
朝の情報番組『ウォッチン!宮城』にも出演中!!

早坂先生のブログはこちらから!
「花あそび♪たべあそび♪」

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      早坂ひろみ先生...新着

      早坂ひろみ先生...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ