この記事を読んだ人におすすめの記事×

サラダバーネット ~ キュウリのようなさわやかな香りがするハーブ ~

【 サラダバーネット (バラ科) 】~ キュウリのようなさわやかな香りがするハーブ ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

バラ科

特徴

初夏から梅雨時にピンクの小花を咲かせるサラダバーネットは和名ではオランダワレモコウといわれます。葉は生で食べることができます。ビタミンCやタンニンが含まれていてとても栄養が豊富です。

育てやすさ :★★★★☆
温度発芽温度:15~20℃
株間    :30cm前後

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

病気:特になし
害虫:アブラムシ

ワンポイント

・寒さに強く、冬でも屋外で栽培できるとても丈夫なハーブです。

・種まきは1ヶ所に2~3粒ずつをまき、種が隠れるくらい薄く土をかけます。本葉が4枚程度になったら、間引いて1本立ちにします。

・多湿を嫌うので、日当たりが良く、水はけの良い場所で育てましょう。
茎が中心から放射状に生長していくので、株の外側から柔らかいものを選んで収穫していきます。

・5月頃から花が咲きはじめますが、花が咲くと葉が堅くなってしまうので、食用には向かなくなります。蕾のうちに摘みとるとよいでしょう。また、摘みとった花はドライフラワーとして楽しむこともできます。

栄養分

葉を煮出した液体は強壮剤になります。また、消化促進や利尿作用があるといわれています。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ