この記事を読んだ人におすすめの記事×

ケール ~ ジュースにして、一日一杯! ~

【 ケール (アブラナ科) 】~ ジュースにして、一日一杯! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

アブラナ科

特徴

キャベツの仲間で、原種に近く、結球はしません。耐寒性、耐暑性があり、育てやすい野菜です。
ジュースにして飲むのが一般的ですが、スープや炒め物など用途は広く、栄養価も高いので、一度栽培してみたい野菜ですね。

育てやすさ :★★★☆☆
温度発芽温度:15~30℃
株間    :40~50cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

ベト病、根こぶ病、軟腐病、アブラムシ、コナガ、アオムシ、ヨトウムシ

ワンポイント

・発芽したら間引きを始め、本葉4~5枚の頃に1本立ちにします。育苗して定植する場合も、この頃が良いでしょう。


・収穫は下の方から随時かきとります。生長の勢いが衰えたり、葉色が悪くなったら肥料切れなので、良質の葉を収穫する為にも追肥を行ないましょう。


・アブラナ科の野菜は、アオムシヨトウムシコナガの幼虫の食害にあいやすいので、不職布などで覆って成虫の飛来を防ぎましょう。


・わき芽を土に挿して増やすこともできます。

栄養分

大変栄養価が高く、カリウム、カルシウム、鉄、βカロテン、ビタミンC、K、葉酸など、多くの栄養素を豊富に含んでいます。生のままジュースにして飲むと、効率良く栄養を摂取できるでしょう。果物やはちみつなどを加えると、より飲みやすくなります。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ