この記事を読んだ人におすすめの記事×

タマネギ ~ 9月に植え付けを。涼しい場所を好みます。 ~

「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ヒガンバナ科

特徴

誰でも1度は、切るときに涙が出て苦労した経験があるはず!
加熱すると甘みが出て旨みが増し、肉や魚の臭みも消してくれる優れもの。様々な料理で活躍してくれる野菜です。
栽培期間が長い上、苗作り難しいので、初心者には球根を植えるだけの「ホームタマネギ」という品種がオススメです。

育てやすさ :☆☆☆☆☆
温度発芽温度:15~20℃
株間株間  :10~15cm

栽培カレンダー

必要なもの

種・苗

あると便利!

病害虫

タマネギで注意するべきはベト病です。葉に黄色の斑点が現われます。風通しをよくし、肥料を与えすぎないようにしましょう。
・その他気をつけたい病害虫
ハエの幼虫

ワンポイント

・葉が8割くらい倒れたら、収穫の合図です。天気の良い日に全て引き抜き、風通しのよい場所につるして保存します。

栄養分

タマネギを切るときに涙が出るのは刺激臭の元である「硫化アリル」の仕業です。しかし、硫化アリルには、疲労回復・食欲増進などに役立つビタミンB1の吸収を助ける、新陳代謝を促進する、血液をサラサラにしてくれるなど嬉しい効果もあるのです。

おすすめレシピ

こちらもチェック

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ