この記事を読んだ人におすすめの記事×

8月の作業:パンジー・ビオラのタネまき

秋からパンジーやビオラを楽しむためには?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

タネを8月~9月の上旬くらいにまくのが最適なのですが、気温が高すぎると発 芽が上手くいかない場合があります。確実に発芽させるためには下記の方法をお試しください!

タネを確実に発芽させるには

シャーレのように1センチくらい深さがある皿に、湿らせた紙を敷きます。その上にタネを置き、ラップなどで密封し1週間ほど冷蔵庫に入れます。1週間後に 冷蔵庫から取り出したこのタネを培養土に植え付ければ、気温が高くとも高確率で発芽します。

タネまき方法

1

タネまき用の培養土を準備します。(→おすすめの培養土はこちら)プランターに培養土を入れ、その上にタネを3~5センチくらいに等間隔で植えます。高温が苦手なので、出来るだけ涼しい日陰で管理します。

2

水は噴霧器(霧吹き)や腰水(プランターを底から水に沈めて水やりする方法)で与えます。

3

一週間から10日で発芽するので、それから少しずつ日の当たる場所に移動させましょう。本葉が3~4枚くらいになったら、大きめのプランターに10センチくらいの間隔で、また1株ずつ3号くらいの鉢に植え替えしましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ガーデニング作...新着

      ガーデニング作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ