この記事を読んだ人におすすめの記事×

1月の作業:観葉植物の冬越し

1年中でいちばん気温が低い1月は、熱帯原産の観葉植物にとって、とても過酷なシーズンです。上手に冬越しさせるポイントをご紹介いたします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

観葉植物の冬の管理

1

1月は日差しが弱いので、葉焼けをおこしやすい日陰を好む観葉植物も、(アジアンタムやフィカスプミラなど)、できるだけ日光に当てるようにします。ただし、暖かい日中でも外の気温は低いので、戸外に出すのは避けましょう。

2

水やりは、土が乾いてから与えます。水を控えめにしたほうが、寒さに耐える力がアップします。土が乾いているかどうかは、鉢を持ち上げてみましょう。土が湿っているときの鉢の重さがわかれば、乾き具合がわかります。

3

大きな鉢で、持ち上げられないものは、土の表面を指で軽く掘ってみましょう。鉢が大きいほど、表面が乾いていても、土は湿っていることが多いものです。

4

暖房のきいた室内は乾燥しています。霧吹きで葉に水を与えて、湿度を保ちましょう。特にアジアンタムなど、葉が薄い観葉植物は、一度しおれると元に戻りま せん。葉が垂れさがってきたり、つやがなくなってきたらしおれる兆候です。植物のサインを見逃さずに、霧吹きで湿り気をあたえましょう。

5

大きな葉の観葉植物(ゴムの木やポトス)には、意外と葉にホコリがつもっています。水で濡らして固く絞ったキッチンペーパーなどで、ホコリをふき取りましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ガーデニング作...新着

      ガーデニング作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ