この記事を読んだ人におすすめの記事×

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)|10月の観葉植物

「幸福の木」と呼ばれる、葉の中央に入る黄色の斑が特徴のドラセナ・マッサンゲアナは、ドラセナの中でもっともポピュラーな品種です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)

「幸福の木」と呼ばれる、葉の中央に入る黄色の斑が特徴のドラセナ・マッサンゲアナは、ドラセナの中でもっともポピュラーな品種です。 ハワイで、家の前に置いておくと良いことが起こる、という言い伝えがその語源のようです。 寒さにさえ注意すれば、性質も丈夫で育てやすいので、家庭に幸せをもたらす「幸福の木」を育ててみませんか?

カテゴリー 観葉植物
科名 リュウゼツラン科
原産地 熱帯アフリカ
耐寒温度 約10℃
生育適温 18℃~30℃
まれに咲く

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)の年間栽培スケジュール

置き場所

日のよく当たる場所に置きましょう。耐陰性はありますが、日照不足になると、徒長したり斑の入りが悪くなったりします。
冬は、室内の明るい場所に置きましょう。真夏の直射日光は避けます。

水やり

春~秋は、土の表面が乾いてから、たっぷり与えます。
冬は、控えめにし、時々葉水を与えましょう。

肥料

春から秋に、化成肥料の置き肥を月1回か、規定の量で薄めた液肥を2週間に1回施します。

植え替え

鉢底から根がはみ出してきたり、排水が悪くなってきたら、植え替えましょう。
植え替えの時期は、5~10月が適期です。

増やし方

5~7月に、挿し穂または菅挿しで増やすことができます。
挿し穂
  • 1 わき芽をつけ根から切り取ります。 わき芽をつけ根から切り取ります。 下の葉を2~3枚はがすようにして取り、残った葉は短く切ります。

  • 2 挿し穂は、ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理します。水が切れないように注意しましょう。 挿し穂は、ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理します。水が切れないように注意しましょう。 1ヶ月くらいで発根したら、一回り大きな鉢に、ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】で植え替えます。

菅挿し
  • 1 茎を6~7cmの長さに切り出します。 茎を6~7cmの長さに切り出します。

  • 2 上下を間違えないように、2~3本まとめてゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理します。 上下を間違えないように、2~3本まとめてゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理します。

  • 2 水やりのとき以外は、ビニールをかけて、高温多湿を保ちます。 水やりのとき以外は、ビニールをかけて、高温多湿を保ちます。

  • 2 1ヶ月くらいで新芽や根が出たら、周りの土ごと一回り大きな鉢に、ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】で植え替えます。 1ヶ月くらいで新芽や根が出たら、周りの土ごと一回り大きな鉢に、ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】で植え替えます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      今月の観葉植物新着

      今月の観葉植物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ