この記事を読んだ人におすすめの記事×

毛の種類別お手入れ方法 トリマーさんが教える犬のトリミング講座

わんちゃんの被毛の種類を知って、お手入れの時期や方法を確認しましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.gif?jp.co

目次

1.被毛(コート)の種類

被毛とは身体を覆う毛の事を指しますが、その分類方法はいくつかあります。
例えば毛の長さを表すロング、スムースなど、その他に毛の生え方を表すシングルコートとダブルコートというものがあります。

2.シングルコート

被毛が一重になっているので換毛期というものがありません。
これはその犬種が改良された地域性が影響していて、冬の寒さから身体の体温を被毛で維持する必要があまりない温暖地で改良された犬種に多くみられる被毛です。
○シングルコートの犬種
ヨークシャーテリア、マルチーズ、プードル、パピヨン、ボクサー、グレイハウンド、グレートデン など
○お手入れのポイント
長毛犬種の場合は毛玉防止などのためブラッシングなど日頃からこまめなお手入れを心がけてあげましょう。
短毛犬種の場合は比較的お手入れは楽ですがブラッシングなどのお手入れは毛と共に皮膚の健康のためにも必要。定期的なお手入れをしてあげましょう。

○お手入れのポイント
長毛犬種の場合は毛玉防止などのためブラッシングなど日頃からこまめなお手入れを心がけてあげましょう。
短毛犬種の場合は比較的お手入れは楽ですがブラッシングなどのお手入れは毛と共に皮膚の健康のためにも必要。定期的なお手入れをしてあげましょう。

おすすめ商品

3.ダブルコート

被毛が下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)の2重になっているもので、換毛期が春と秋にあります。
下毛は寒さから体温を保てるように短く、柔らかい密生した毛でこれが春の換毛期にごっそりと抜けます。寒冷地で改良された犬種に多く見られる被毛です。

○ダブルコートの犬種
チワワ、M・ダックス、コーギー、柴犬、ポメラニアン、シェット・ランド・シープードッグ、ミニチュア・シュナウザー、G・レトリバー、L・レトリバー、スピッツ、ボーダー・コリーシベリアンハスキー、秋田犬など

○お手入れのポイント
定期的なブラッシング、お手入れはもちろん行ってあげましょう。
特に換毛期の時には抜け落ちきれない毛が毛玉になることがあるので毎日ブラッシングを行って抜けた毛を取ってあげるようにしましょう。

おすすめ商品

いかがでしたか?犬の被毛にはシングルとダブルコートがありますので、ワンちゃんの犬種にあったトリミングをしてあげてくださいね!

おすすめコンテンツ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ