この記事を読んだ人におすすめの記事×

#08『Down』~フセのトレーニング~

ハンドサインと言葉の合図を使って、愛犬へフセのトレーニングをしましょう。トレーニングは愛犬との楽しいコミュニケーションの時間ですから、楽しんでやってみてくださいね!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

今回は、『Down』のトレーニングです。トレーニングステップは、第7回『Sit』~オスワリ~をトレーニングした時と同様に、下記の2つに分けて行います。

Step1:ハンドサインで伏せられるようにする。
Step2:言葉の合図で伏せられるようにする。

おりこう犬プロジェクト!動画deトレーニング! #08 - YouTube

Step1、 2ともに、トレーニングのポイントは『Sit』と同じです。Step1では、必ずハンドサインが同じ動きになるように注意してください。動画のなかでは、ハンドサイン=鼻先から下におろし少し引くと説明していますが、犬によっては、ハンドサイン=鼻先からお腹の方に下ろすとした方が伏せやすいコもいますので、試しながらハンドサインの動きを決めるようにしましょう。

Step2では、『Down』の合図で伏せるようにトレーニングしていきますので、
『Down』⇒ハンドサイン、『Down』⇒ハンドサイン、『Down』⇒ハンドサイン・・・
を繰り返します。そうすると『Down』が、伏せる合図となっていきます。しかし、Step1は問題なくクリアしたのに、Step2でつまずいてしまう場合、『Down』と言ってからハンドサインを出すまでの時間を、5秒程度まで延ばし『Down』の合図で伏せないか様子をみるようにしてください。愛犬は理解しているのに、『Down』からハンドサインを出すまでの時間が短すぎると、言葉の合図だけで伏せる機会を奪うことになりかねません。『Down』への理解を確認する意味でも、少し間をおくようにしてみてください。

トレーニングは愛犬との楽しいコミュニケーションの時間ですから、楽しんでやってみてください。

長谷川先生

長谷川先生

長谷川 成志(Dr. Masashi Hasegawa Ph.D.)
博士(学術:動物人間関係学分野)
麻布大学獣医学研究科共同研究員
(株)Animal Life Solutions 取締役

アシスタントドッグ育成普及委員会(H13~17年度 住友生命支援事業)の奨学生としてアメリカの介助犬団体Summit Assistance Dogsに留学し、Certificate of Achievementを取得。2009年10月には世界的なドッグトレーナーの資格CPDT-KAを取得。「人が犬を学び・犬が人社会のルールを学ぶ」をコンセプトに掲げた犬のしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール®」を麻布大学と共同で企画、運営し、講師として活動。さらに麻布大学動物応用科学科の動物トレーニング実習にて、東日本大震災で被災犬となった犬達などの健康管理とトレーニングのサポートを行っている。

スタディ・ドッグ・スクール®

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ