この記事を読んだ人におすすめの記事×

1年の始まりを彩る 幸せ新年インテリア

みなさんそれぞれ季節に合ったインテリアを楽しまれていると思いますが、新年のインテリアは、1年の始まりを明るく彩るため特にこだわりたいものです。
「新しい年が希望に満ちた年でありますように!」の願いを込めて、インテリアを考えてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

玄関からおもてなし

お客様を迎え入れる入り口・玄関。
家に入った瞬間の第一印象は、非常に大事です。 家の中がどのようになっているか想像されてしまいますから、出来るだけ玄関で好印象なイメージを与える事を心掛けます。
また、玄関は幸運の入り口でもあります。
オシャレな演出だけではなく、掃除はこまめにし、靴が散らかっていたり、ゴミが落ちているなどということは避けたほうが良いでしょう。
床は掃くだけではなく、濡れ雑巾で拭く事を心掛けると清涼感が出てスッキリします。
手入れの行き届いた玄関は運気も上がりますよ。「玄関のお手入れだけで1年の運気が変わる」と言っても過言ではないのです。

玄関では、季節感が大切です。飾るスペースがあるのなら、
できるだけお花や置物で季節感を出しましょう。
・春 … お雛様、春のお花
・夏 … ガラスの金魚や置き型風鈴で涼しげに
・秋 … 篭に木の実や紅葉の葉など秋色でまとめる
・冬 … クリスマスグッズや正月飾りで華やかに
飾るスペースが無い場合は、ドアや壁を使います。季節に合わせたドア飾りで彩りましょう。

水引でお正月らしさ、グリーンでフレッシュさを出しましょう。

その年の干支の置物を並べたり、凧や独楽をインテリアとして飾ればお正月らしさが上がります。
紙粘土でお子さんと一緒に手作りしても楽しめそうです。
お庭の松ぼっくりや枯れ枝などに水引を組み合わせただけでも、お正月風になります。新年なので、フレッシュな感じのするものも加えるとよいでしょう。
壁にかける絵も、身の回りを見渡して使えそうなものは ありませんか?頂き物の日本手拭を額に入れたり、千代紙を使うなど。一工夫で、ぐっと季節感のある仕上がりになります。

新年カラー

みなさん、お正月などのお祝い事といえば何色を思い浮かべますか?
代表する色は「赤・白・金」でしょう。日本では古来より、お祝い事には「紅白」の配色が用いられてきました。
新しい年の始まりであるお正月は、嬉しくておめでたい期間です。お正月の門松、色鮮やかなおせち料理、女性が着る振袖など、カラフルなお正月カラーによって、より一層気分が高まります。
新年にふさわしい、おめでたい幸せカラーで彩りましょう。

お正月の代表色
『赤・白・金色』

お正月カラーで、おめでたい気分を盛り上げます

おすすめアイテム

手作り雑貨でお正月を飾る

正月のお飾り

◆材料◆
水引(飾り紐)・・・赤・銀それぞれ1本ずつ
和紙・・・1枚(4cm×9cm)
松ぼっくり・・・1個
枝・・・適量
ヒートン(フック型の金具)・・・2個
ワイヤー・・・20cm程度
水性ステイン・・・適量
◆道具◆
グルーガン または 木工用接着剤
刷毛(ハケ)
のり
筆ペン
ペンチ

○○をリメイク!?ドアプレート

お正月に食べたかまぼこの板を使って、ドアプレートを作りましょう!ワイヤーの飾りを付けるだけで、とってもおしゃれに変身しますよ♪

 
◆材料◆
かまぼこの板
虫ピン
ワイヤー(細いものでOK)・・・12cm×2本
アクリル絵の具(白系、こげ茶系)
マジックペン
サンドペーパー
 
◆道具◆
かなづち
ペンチ

季節をもっと楽しむディスプレイ

手軽に新年らしさを楽しむには、ディスプレイを替えるのが一番ですよね。
新年に関連した置物や、ディスプレイに取り入れたいアイテムがたくさんあります。
「マネしたい!素敵なお部屋紹介」のコーナーの中から、ディスプレイを楽しんでいる方々をご紹介します。

ミックススタイルで個性的なオリジナル空間を生み出しているMakiさん。
お正月の掛け軸を、お花を飾り和風に仕上げています。
ミックススタイルの中で一際個性を見せている空間です。お正月が過ぎても飽きのこない演出です。

DIYでフレンチナチュラルな空間を目指しているyurikoさんのお部屋は、壁の使い方がとても上手。
飾る空間づくりを楽しんでいるようです。
季節を感じる飾りつけをすれば、シンプルなお部屋の中でのアクセントになりますね。

自然素材を使ったインテリア作りをしているmaikoさんのお部屋。
キッチンカウンターを利用して大きなディスプレイスペースを作っています。
色々な土地に寄港する船乗りの旦那様が買い集めたものや、maikoさんのコレクションを並べて、趣味のスペースとして楽しんでします。

ディスプレイのポイント

「上手に飾れない・・」とお悩みの方に、ディスプレイのポイントをご紹介します。

1.目線を考える
きれいに飾ったディスプレイは、よく見る場所、よく見える場所に置きたいですね。
玄関でも、ふと足元から目線をあげた先にディスプレイがあると印象的です。

2.三角形を意識する
バランスよく見せるためには、三角形の構図を意識して並べてみましょう。
背の高いアイテム1つと背の低いものをたくさん、というように三角形のバランスを保てば、上手に見せることができます。

3.シンメトリーに飾る
シンメトリー(左右対称)に全体を配置することで、バランスよく見えます。
大きさや形の同じものを左右に配置することで、ディスプレイに自信のない初心者にも簡単に上手なディスプレイができます。

三角形の構図を意識してみましょう

おすすめアイテム

さいごに

いかがでしたか?新年を迎える時は、おうちも新年気分でインテリアを楽しみたいですよね。その時々のイベントや季節に合わせたインテリアを楽しめるのも、四季のある日本ならでは。気分にあわせたお部屋・ディスプレイでもっとインテリアを楽しみましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ