この記事を読んだ人におすすめの記事×

犬のアレルギー性皮膚炎 その1

アレルギー性皮膚炎とは、動物が生体外にあるアレルゲン(ハウスダスト、花粉あるいは食物など)に反応することによって生じる皮膚炎のことを言います。 ここでは、アトピー性皮膚炎、食餌性アレルギーおよびアレルギー性接触性皮膚炎について述べたいと思います。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

アレルギー性皮膚炎の種類

1.アトピー性皮膚炎
人の場合と同様に遺伝が関与していると考えられ、他の子より免疫反応が過剰に起こっている状態だと言えます。吸引性アレルギーとも言われ、ハウスダスト、花粉、ダニ、カビなどがアレルゲンとなり、これらを吸引することによって発症します。
症状としては、顔面、四肢、腹部などに強い痒みをおこし、ときに全身症状もでます。その強い痒みにより、自分で皮膚を引っかいてしまい、二次的に皮膚炎を起してしまいます。

2.食餌性アレルギー性皮膚炎
アレルゲンとなりうる食物は多く、主にタンパク質が原因になることが多いようです。牛乳、卵、さまざまな肉類、穀類などが挙げられます。 症状としては、食餌を摂取した後から口の周りを痒がったりする局所的なものから全身に強い痒みを起すものまでさまざまです。ここでも二次的に皮膚炎を起してしまいます。
同時に外耳炎を起す場合もあります。また十数パーセントにおいて皮膚症状の他に下痢などの消化器症状も認められます。

3.アレルギー性接触性皮膚炎
身の回りにあるあらゆるものがアレルゲンとなりうります。例えば、じゅうたん、毛布、食器(プラスチック、ステンレス製など)、首輪、シャンプーなどです。これらと接触することにより接触した部位に炎症が起こり、痒みが強くでてしまいます。例えば、じゅうたんがアレルゲンであればおもに腹部に痒みがでますし、食器がアレルゲンならば口に痒みがでます。

アレルギー原因の特定方法

血液の検査で何に対して抗体があるのかが検査できます。しかし、測定される免疫グロブリンと皮膚表面でアレルギーを起こす免疫グロブリンのタイプが違う為に、血液検査の結果はあまり信頼できるとは言えません。
検査の項目が多い為に検査費用もかなり高額で万単位になってしまいます。
実際検査をすると、10項目ほどは強陽性反応が出ます。アレルギーの原因は複数にまたがっていることがほとんどです。
例えばハウスダストA、ハウスダストB、杉花粉、ブタ草花粉、松花粉、ヒノキ花粉、羊肉、牛肉、小麦、大豆、これらが強陽性だったとします。
花粉とハウスダストは除去することは困難なので、できることは食事を陽性反応が出ていない材料を使った物だけ与えるという事になります。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ