この記事を読んだ人におすすめの記事×

使えて、楽しいキッチンは?

毎日使うキッチンだからこそ効率的で楽しい場所にしたいですよね。今回は、I型キッチンを例に使いやすく見た目もスッキリなコーディネート方法をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

使えて、楽しいキッチンは?

毎日使うキッチン。料理すれば、汚れや匂いもでます。食事の後片付けはさらに億劫。そんな場所だからこそ、効率的で楽しい場所にしたいですね。

今回は、一番多いI型キッチンを例に取りました。食器棚などの収納は、キッチンと別にあるタイプです。収納用品を選ぶ時は、レンジやポットが置ける中あきタイプがオススメ。扉は中が見えないほうがスッキリします。色は、キッチンの扉面材と同じか白系がいいですね。これならどんなインテリアテイストにも合います。

そして毎日使う場所だからこそ、整理整頓を心掛けましょう。オープンキッチンの場合は特に気を配る必要があります。どうしていいかわからない場合は、我が家の台所写真を撮って第三者に見てもらうのが良いですよ!

全体図

間取り図

POINT 1 収納はフルに、でも整理して使いこなす!

キッチンの中を見まわしてください。毎日使う物はどのくらいありますか?鍋や食器類は、たくさんあっても使いません。必要最小限に抑えましょう。収納は天井までフルに活用し、使用頻度が低いものは高い位置に、毎日使うものは手の届きやすい場所に配置して、置く場所を決めておきます。

POINT 2 キッチン用品はカラーコーディネート楽しく

キッチンは、それでなくとも物があふれる場所です。せめて色の統一を図りましょう。ごちゃごちゃ感を無くすために、基本は白で統一し、ポイントで好きな色や柄を使いましょう。これならスッキリします。貼りすぎは禁物ですが、メモやレシピカードは可愛いマグネットで冷蔵庫に留めても楽しいです。

POINT 3 窓には機能とお洒落感を・・・。

キッチンの窓はおしゃれなほうが素敵ですが、安全性などの機能面にも考慮します。通常のカーテンをかけるより、ブラインドかカフェカーテンがいいでしょう。レースのハンカチや小切れを可愛い画鋲で止めるだけでも、簡単におしゃれな窓を演出することができます。汚れた場合の手入れ・交換も手軽に出来るので是非試してみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ