この記事を読んだ人におすすめの記事×

猫の口内炎

口腔粘膜や舌、歯肉に炎症が起こり、重症な場合、痛みでごはんが食べられなくなる病気です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

原因

主に下記のような要因がありますが、様々な因子(細菌、ウイルス、免疫不全など)が複雑に作用して難治性・慢性型の口内炎になると思われます。

・異物
歯垢や歯石の蓄積、魚の骨や鱗が刺さることなどが炎症の原因となります。
・ウイルス
猫鼻気管炎ウイルス(猫ヘルペスウイルス)、猫カリシウイルス、猫白血病ウイルス、猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)などのウイルス感染によって免疫力が低下し、口内炎を患います。
・尿毒症
重度の尿毒症では唾液中に尿素が拡散し、口腔内の細菌によりアンモニアに変化します。そのアンモニアによる刺激によって口内炎が起こります。
・糖尿病
糖尿病では免疫力が低下することと過剰な糖分が細菌の栄養になるために感染が起こりやすく、口内炎になりやすいです。
・自己免疫疾患
自分の免疫が歯茎を攻撃して、外的要因が無いのに慢性的に重度の歯肉炎を起こす場合もあります。根本的治療は難しいです。

症状

よだれ、口臭、痛みによって口を開けるのを嫌がる、食欲不振・廃絶など。
炎症は歯茎のみに限らず、舌や喉にまで達する事も珍しくなく、皮がはがれた様に真っ赤な炎症を起こす場合もあります。
食欲の減退により体重が減少して衰弱することもあります。
猫カリシウイルスや鼻気管炎ウイルスの無症状タイプでは、痛みはでないが歯と歯茎の境界に真っ赤なラインとして歯肉炎を認める事が多いです。

診断

歯垢や歯石を除去しても口内炎が治らない場合、難治性で慢性型口内炎の可能性が高く、口内炎の治療を行いながら、血液検査によって病因をつきとめ、それらの病気に対応した治療を模索します。

治療

・抗生剤の投与(インターフェロンによる薬物療法)
・歯石の除去(歯石がある場合)
・抜歯
歯根が露出している場合はかなり有効な手段です。免疫不全からくる難治性口内炎の場合は、歯がすべて抜け落ちると治癒する事が多いです。
・ステロイド投与による抗炎症と免疫の抑制

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ