この記事を読んだ人におすすめの記事×

「リモコン式壁掛け扇風機 マイコン式ホワイト」~ねこモニっ!2 おそらくその平凡こそ幸せ

ブログ「おそらくその平凡こそ幸せ」のフニャコさんと愛猫スミレちゃんの『リモコン式壁掛け扇風機 マイコン式ホワイト』モニターレポート!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

お風呂上がりも快適♪「リモコン式壁掛け扇風機 マイコン式ホワイト」~ねこモニっ!2 おそらくその平凡こそ幸せ

モニター商品はこちら

モニタースタート

暑い夏がやってきました…。昔の暑さに比べて明らかに暑くなってきた近年、エアコン無しでは耐えられない暑さですね。我が家はいつもエアコン+扇風機で真夏をしのいでいます。でも案外場所を取る扇風機。今回のモニター商品は「リモコン式壁掛け扇風機」です。扇風機を購入する時に、壁掛けタイプは今まで選択肢にありませんでした。機能や使い勝手から省いていたわけではなく、「そんなものがあるんだ」とい程度の認識しかありませんでした。メリット、デメリットや使い心地をレポートしていければと思います!

ダンボールを開けて全部だしてみました。

壁に掛けるので重さはそれほど無いのかなと思いましたが、モーター部分は結構重いです。ここだけ重くて、女性の片手でひょいと持ち上げるのは厳しい重さ。重いのはこの部分だけで他のパーツは軽いです。

とりあえず組み立ててみます。普通の扇風機と同じ感じで組み立てが苦手な方でも問題ないですね、簡単です。

壁掛け式は場所に悩みますね。壁にこちらの金具に2本のネジで壁に固定し本体を引っ掛けます。失敗したくないネジのサイズです。

また、ヘッドの大きさと首を振るために金具の設置位置に気をつけなくてはいけません。

天井から40cm下…。我が家は一戸建てですが、かなり狭いので釣り戸だったり、エアコンだったりカーテンレールだったり、リビングは何かしらあるので場所が限られました。
色々と悩んだ挙句、お風呂上がりに涼めるので脱衣所に決定しました!

場所はだいたい決まったけれど、まだ大きな問題がありました。
「壁の中の柱の場所を見つける」ことです。壁掛け扇風機はここが一番の大きなハードルではないかと思います。きちんと柱にネジが刺さってなくて落ちてきたら悲惨すぎるので、ホームセンターで柱の位置を探す下地センサーを購入しました。

うう…これが難しい…。色々な所でセンサーがピーピー鳴って確実な位置がわからない…。ネットで調べ方を参考にして何度も挑戦しました。一番ここに苦労しました。

柱の位置がわかったので金具を取り付けます。

天井から40cm離さなくてはいけませんが、スペースが足りず、35cmの所に取り付けました。ヘッドは下向きでしか使わないので引っ掛けることができれば良いかと思い、本体を持ってきて試してみました。

金具をつけ、本体を引っ掛けて設置完了です!

本体の場所はかなり高い位置に設置したため、操作はすべてリモコンになるのでこちらに設置しました。

使ってみた感想

快適です!我が家は狭いので脱衣所に扇風機は置けないので、ここに設置して良かったです。弱でも結構風量があり涼しいですね。パワフルです。
気をつけなくてはいけない点だけクリアーすると壁掛け扇風機は使い勝手が良くて気に入りました。
穴を開けるので賃貸では無理そうですね。気をつけなくてはいけないのは柱の位置の確認、あとはコードが少し短いように思いました。長さは約1,5mです。取り付けた本体の上部から出ているので天井からコンセントまで這わせる必要があります。取り付けの際にコンセントの位置も確認する必要がありますね。

壁に穴を開けるということや気をつけなくてはいけない点はありますが、スペースを取らないというのはかなりのメリットだと感じました。快眠モードというものがあり、タイマーもついているので寝室に設置することも考えたのですが、我が家の寝室は良い設置場所が無く…。
まずどこへ設置するか、できるかがイメージしてから購入されると良いと思いました。
この夏のお風呂上がりは快適に過ごすことができそうです!

関連商品

プロフィール

  • ふーちゃんペロ&すみれ
    ペロくん、スミレちゃん、お母さん、お姉ちゃん、ただいま単身赴任中のお父さんの5人家族。にゃんこ界の松崎しげるさん似!?の男の子ペロくんと同い年のスミレちゃんの日常を綴ったブログが大人気!
    おそらくその平凡こそ幸せ
    Instagram

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      空調・季節家電新着

      空調・季節家電ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ