この記事を読んだ人におすすめの記事×

スマホや声であかりを調節!スマートスピーカー対応LEDシーリングライト☆~hanaさんの商品レポート

今回は、hanaさんに「スマートスピーカー対応LEDシーリングライト」を商品レビューしてもらいました!普通のLEDシーリングライトとどのように異なるのかモニターしていただきました!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

ご紹介した商品はこちら

レビュースタート

今回は、夫の部屋に、スマートスピーカー対応のLEDシーリングライトをお試しさせていただきました♪

今まで、夫の部屋には、14年前に引っ越したときにつけた古い蛍光灯のシーリングライトを使っていました。

カバー(シェード)を外したら、昔ながらの蛍光灯が現れた…。

カチっとつまみを持って本体を外したら、引っ掛けシーリングが出てきました。

付け替えはワンタッチでとても簡単。
こちらが新しいLEDシーリングライト。
シェード(カバー)を反時計回りに回して本体から外して。

本体を取り付けます。つまみを持って、引っ掛けシーリングに差し込んで時計回りに回すだけ。

シェードをつけずに壁スイッチで電気をつけるとこんな感じ。こんなLEDなのね~!

シェードを取り付けて、時計回りに回します。

新しくしたら、薄型になり、すっきりしました。

それに、写真ではわからないかもしれませんが、明るいわ~!

調光、調色もできて、とても便利。リモコンで何でも操作できます。

でも、このシーリングライト、一見普通のシーリングライトですが、只者ではありません。

まず、「音声」で操作ができます。

Google HomeやAmazon Echoのようなスマートスピーカーに向かって、話しかけるだけで操作ができます。

例えば夫の部屋にはGoogle Homeがあるので、

「オッケーグーグル、明かりをつけて」と言えば、部屋の照明が付き。

「オッケーグーグル、明かりを1%にして」と言えば、常夜灯になり。

「オッケーグーグル、電球色にして」と言ったら、色調整までしてくれます!!

手を使わずに、何かをしながら明かりを変えられるなんて、AIの技術進歩ってすごいですね。

ベッドに入ったまま、「電気を消して」と言ったら、部屋の電気を消してくれる。
あぁ、いいわねぇ。
「明かりをつけて」と言えば、暗い中、リモコンを手探りしなくてもいい♪

例えば荷物がいっぱいで手が離せないときや、
こたつから立ち上がりたくないとき(!)、
キッチンで料理しててスイッチに触れないときなど、
声だけで部屋の照明の操作ができたらうれしいですよね~。

インフルエンザなどの病気で布団から起き上がるのがつらいときにも、助かりますね。

考えれば考えるほど、音声で操作できるというのは便利です!!

そして、もう一つ、「スマホ」のアプリで操作できるというのも嬉しい機能。

明るさ調整も色調調整も指一本でできてしまう。

例えば、旅行で長期不在にするとき、遠方からスマホで操作して、電気を点けたり消したりできたら、家に人がいるように見えて、防犯面で安心ですよね。

一人暮らしの方も、自分が帰る直前に家の電気を点けておくと、防犯にもよいし、帰ったときに明かりが見えてほっとするかも。

遠方でもスイッチのオンオフができるのって、何かのときに安心ですね。

そうそう、アプリにはタイマー機能もあるので、「朝5時に電気をつける」などもできます。

目覚まし時計が鳴ると同時に、急に部屋が明るくなったら、嫌でも目が覚めますよね(笑)
これは便利!

これから引っ越しの季節。
照明を新しく購入しようと考えている方も多いかもしれません。
これからの時代、LEDは当然ですが、「スマートスピーカー対応」機能も候補に入れるとよいと思います♪オススメです♪

ご紹介した商品はこちら

プロフィール

hanaさん
hanaさん

何でもすぐに買うのではなく、家にあるもので工夫しながら家族が心地よく暮らせる家を目指し、収納・片付け・手芸も楽しみながら紹介するブログ「happy-go-lucky」を更新中。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      照明新着

      照明ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ