この記事を読んだ人におすすめの記事×

秋の実物・グラデーション寄せ植え

まだ暑さの残る時期ですので、暑さに強いお花や葉物を選んで色や形で秋を楽しみましょう!しっとりと濃いピンクから薄いピンクへのグラデーション。シンプルですがシックで印象に残るような寄せ植えを作りましょう。お店にも実物が出始めていますのでお好みで何か一つでも加えてみましょう。収穫の楽しみも増えるかもしれません!!合わせる器は、秋らしく重厚感のあるクラシックなタイプを選んでいます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

土が乾いたらたっぷりとお水をあげてください。
お花は終わったら摘んで、姿が乱れてきたら切り戻して下さい。

材料

■管理方法

日向から半日陰の場所がおすすめです。
水はけの良い土を使って、乾いたらたっぷりお水をあげましょう。
伸びすぎて姿が乱れてきたら切り戻して下さい、新芽がでてこんもりと茂ります。

1-1  器
    石の重厚なタイプ W20cm×D20cm×H15cm

1-2  フィゾステギア

1-3  セロシア、カルーナ 

2-1  クランベリー

2-3  グレコマ

ポイント

葉の色、形の違うものを選びましょう。 それぞれが引き立てあいますのでおすすめです!

作り方

① 苗をポットから出して余分な土を落としておきましょう。
根がポットからはみ出すほど回っている時はハサミで根の底部分をカットして新しい根が伸びやすいようにしておきましょう。

セロシアも土を落としておきます。カルーナも同じく。

グレコマは株分けしましょう。分かれやすい所で2~3に分けてください。
クランベリーも同じく。

※鉢の容積に応じて調整しましょう。
土が硬くて落ちづらい時はポットごとしばらく水を張ったバケツに浸しておきましょう。
土が柔らかくなったところで根を傷めないように優しくほぐして下さいね。

② まず後方にフィゾステギアを少し外に向けて植えます。
まっすぐ立っているよりも傾ける事で奥行きを感じるようになります。

セロシアとカルーナをバランス良く入れてください。

手前にクランベリーの実が垂れ下がるように入れてください。
実の付き方に合わせて調整して下さい。

③ クランベリーの後ろの空いているスペースに合わせて株分けしたグレコマを入れます。
グレコマも垂れる部分が綺麗に見えるようにバランスを調整して入れてください。

反対側にもグレコマを入れます。

全ての苗が入ったら、土をしっかり入れて出来上がり!!

④ できあがり
お水をしっかりあげて少しお休みさせてあげましょう。
落ち着いたらお好きな場所で飾ってお楽しみください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      真海先生の季節...新着

      真海先生の季節...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ