この記事を読んだ人におすすめの記事×

マジョラム ~ 肉や魚の臭みをとります。 ~

【 マジョラム (シソ科) 】~ 肉や魚の臭みをとります。 ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

シソ科

特徴

古代ギリシャでは薬草として知れ渡っていたハーブです。イタリア料理には欠かせないハーブで、肉や魚の臭みをとって、様々な料理の風味を増すことに一役かいます。

育てやすさ :★★★★☆
温度発芽温度:15~20℃
株間    :20cm前後

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

病気:特になし
害虫:アブラムシ

ワンポイント

・日当たりがよい場所を好みます。また、高温多湿に弱いので、できるだけ風通しの良い場所で育てましょう。寒さにも弱いので、霜の降りる地域では、軒下や室内で育ててください。

・種まきでも増やすことができますが、さし木や株分けの方が、一般的で味や香りの安定した株を育てることができるでしょう。種まきする場合は春と秋が適期で、発芽するまでは乾燥に注意しましょう。本葉が7~8枚程度になったら、プランターや庭に定植します。

・さし木は5月頃が最適で、5~10cmぐらいの枝を赤玉土やさし木・種まき用の土に挿します。根が出るまでは乾燥させないように半日陰で育てましょう。

・収穫は葉がついてきたら、枝ごと摘み取りましょう。

栄養分

ハーブティーは心を落ち着かせる作用があり、不安やストレスを癒してくれる効果があります。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ