この記事を読んだ人におすすめの記事×

トマトとエダマメの支柱立て

元気に育ってきた野菜たち。中でも背が高くなってきたトマトやエダマメには、そろそろ支柱が必要です。今回は支柱立ての作業を行いました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

太さ16mmの<園芸支柱>を用意しました。
トマト用は120cm、エダマメ用は90cmです。

まずはトマトから作業スタート!

ゴールデン粒状培養土で育てているトマト(桃太郎ファイト)はこんなに大きくなりました!
1番背の高いもので、株丈が約40cmです。
寒さにしおれ、枯れそうになっていた頃がウソのようですね!

まず、割り箸で作った仮の支柱を抜き取ります。

支柱を立てて、茎をワイヤー入りのビニール紐で留めて出来上がり!

次はエダマメです。

こちらは株丈約35cmまでに生長!茎が細いわりに葉が茂っているので、ビル風に吹かれるとフラフラしてしまいます。
支柱に固定してやると安定して、ずいぶん楽そうになりました。

ほかの野菜の様子をチェックしていたら、こんなの見つけてしまいました。

見えますか?ブロッコリーの葉の裏側に白いラグビーボール型のツブツブが!おそらくモンシロチョウの卵です。
ここは7階建ビルの屋上ですよ。よくまあ、このブロッコリーを見つけられたものです!

実は私、編集者かずみはチョウの羽化を見るのが好きで、モンシロチョウの卵にも思わず情がわいてしまいます。とはいえ、野菜にとってはアオムシも害虫。アブラムシやハモグリバエ同様、卵をつぶしてしまうべきなんですよね~。
結局、決断できず、ひとまず保留にしてしまいました。この卵、どうすべきでしょうか・・・。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ゴールデン粒状...新着

      ゴールデン粒状...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ