この記事を読んだ人におすすめの記事×

人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター 1200W マイコン式 モニターレポート

アイリスオーヤマの「人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター 1200W マイコン式」をアイリス暮らし便利ナビ会員さんにモニターしてもらいました!圧倒的大風量で驚きの“速暖”効果を得られるセラミックファンヒーターの使い心地ははいかがだったのでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

モニター商品

人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター 1200W マイコン式の特徴

特長1

圧倒的大風量!

特長2

スイッチONですぐに暖かくなるので、様々なシーンで大活躍!

特長3

多様な機能が搭載!寒い冬も快適に過ごせます

report1

モニター chito99さん
使用場所 キッチン

モニター品の評価(5段階評価)

デザインについて
★★★★★
速暖性について
★★★★★
操作性について
★★★★★
軽さについて
★★★★★
機能性について
★★★★★
総合評価
★★★★★

デザインはシンプルで色もお洒落です。色も多数あって選べるのがいいです。
また、すぐに暖かい風が出て、少し離れたところでも暖かさを感じました。難しい操作は一切ないので、取扱説明書がなくても大丈夫なくらいでした。軽さは片手で軽々持ち上がるほど軽いです。
人感センサーが付いているので、消し忘れの心配もなく、人感センサーのon/offの切り替えもできるのが便利です。

GOODポイントを教えてください。

ヒーターの前だけでなく、部屋全体も暖まります!
何よりコンパクトで軽い!持っていきたい部屋にすぐに持ち運べるのがGOOD!  

使用した感想を教えてください。

暖房器具がないキッチンで主に使っています。
持っているファンヒーターはヒーターから離れると暖かさを感じなくなってしまうのですが、このファンヒーターは足元だけでなく、徐々に部屋全体も暖かくなるので、冷え性の私にはとてもありがたい存在になりました。

寒くて狭い脱衣所でも大活躍。すぐに暖まるので、早くから「暖めておかなきゃ!」という前準備もいらないくらいです。お風呂に入る前にヒーターをonにして、トイレに行って戻ってくれば、もう暖かい!
コンパクト&軽いので、簡単に移動させられるから、とても使い勝手がいいですね。

report2

モニター ふたちゃんさん
使用場所 リビング、キッチン、脱衣所

モニター品の評価(5段階評価)

デザインについて
★★★★★
速暖性について
★★★★★
操作性について
★★★★★
軽さについて
★★★★★
機能性について
★★★★
総合評価
★★★★★

コンパクトで邪魔にならず、各色に加え、木目調があるのも、インテリアに馴染んでお洒落だと思いました。
本当に付けてすぐ暖かくなるので、期待以上の速暖性でした!寒い朝や、お風呂あがりに重宝しました。
シンプルながら必要な機能はしっかりあり、チャイルドロックや人感センサーも付いているので、便利だと思いました。
重さもとても軽く、子どもでも持ち運べて良かったです。


GOODポイントを教えてください。

コンパクトで軽く、木目調で家具にも馴染むお洒落なデザインが良かったです。
また、付けるとすぐに暖かくなり、人感センサー付きなところも良かったです。

使用した感想を教えてください。

朝のキッチンやお風呂あがり、帰ってすぐのリビング等で、寒い時に気軽に使えるコンパクトなヒーターを探していました。ホームページを見てすぐに、その木目調のお洒落なデザインと、そのコンパクトさに惹かれました。
実際に部屋に置いても、家具にしっくり馴染むし、邪魔にならない大きさなので、家中色々な所に持って行って使っています。小学生の娘達でも楽々持てる軽さも魅力です。

そして、何より速暖性については期待以上でした!
電源を付けると、すぐに暖かい風が出始めるので、寒い時に本当にありがたく、これからますます重宝しそうです。電源を切ると、すぐにブツっと切れてしまうのではなく、ちゃんと冷風で内部を冷却してから切れるのも、安心だと思いました。

操作も簡単で、シンプルなのでとても使いやすいです。
それでいて、チャイルドロックや、人感センサー等、嬉しい機能も充実しています。

人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター 1200W マイコン式

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      商品モニター新着

      商品モニターランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ