この記事を読んだ人におすすめの記事×

樹木と山野草に囲まれた心癒される場所#58 ajisaikkさん

今回は樹木に囲まれた、林の中のような雰囲気が素敵なajisaikkさんのお庭を紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

庭造りは手作りでしたいと・・・夫と2人楽しみながら(?)始めて、ちょうど9年の月日が経ちました。どこを掘り返しても粘土質の土の塊で苦労しましたが、試行錯誤しながら、やっとここ数年自分らしいやすらげる庭になってきたかなぁと思います。これからも植物に寄り添い、癒されながらの庭造りを、日々楽しんでいきたいと思います。

我が庭の様子

門の方から見た庭です。
右に見える樹木はシンボルツリーのアオハダ。左に見える斑入りの樹木はヤマボウシ・ウルフアイ。

庭造りは自分達(夫と2人)だけで、と決めてやってきましたので、試行錯誤しながら今日に至っています。

2007年12月に小路を作ってリニューアルしました。小路を作った事により空間が出来て、狭い庭が少し広く見えるようになったようです。
小路は私一人で作りました。会社から戻った夫が「家の庭師さんは中々やるね」って初めて褒めてくれました♪

小路はアオダモ、シロモジ、ハクウンボク等の樹木と、山野草中心の植栽になっています。

愛犬、音夢が散策中。

玄関前には、コンテナで楽しんでいるお花やリーフ類を置いています。

バラ・クレマチス

初夏、バラが綺麗に咲いています。
ジュウドジオブスキュア、コレッタ、グラハムトーマス。アーチのピンクはルイーズ・オデェ、白色はソンブロイユです。

東側の狭い場所両側にも花壇があります。外壁側とフェンスにバラやクレマチスを絡ませています。

山野草

一番好きな花、ホタルブクロです。
私が子供の頃は野や山に沢山咲いていました。小さいながらに「綺麗な花だなー。」って思いましたね。ホタルブクロの咲く風景が今も昔も変わらずに大好きで、車を走らせていてもついつい目がいってしまいます。

都わすれが楚々とした感じで咲いています。15年~20年の長いお付き合いです。
6種類ありますが、もとは全ていただき物。私も増えると欲しい方に分けてあげたりしているので増えませんね。。。

アストランティア・マヨールがとっても綺麗に咲いています♪
うっとり~★

雨に似合うお花、山アジサイの様子です。この他にも日向紺青、白扇、七変化、白富士、紅・・・等などあります♪

秋には、野菊が満開になりました。ノコンギクとナカガワノジギクです。
吉野草。葉茎と花茎それとガクも黒くて、お花は小豆色とでも言えばいいでしょうか・・・。地味なお花ですが私は大好きです♪それにとっても丈夫で育てやすい植物だと思います。
人字草も花盛りです♪

美しい葉っぱ

名前はわかりませんが、冬にとても綺麗な色になった常緑シダ。寒さゆえの美しさをかもし出す葉っぱ・・・寒さあればこそなのです。
屋久島ヤブコウジや斑入りキチジョウソウなどと寄せ植えにしています。

クランベリーも綺麗な色になっています。コンテナは本物の蛸壺にオリジナルのペイントが施されたもので私のお気に入り♪

家の箱入り娘・・・おぼろ月です。

春の訪れ

待ちに待ったクリスマスローズが開花しました。蕾がプックリしてきたときからワクワクな私です♪どの子も魅力的で咲く前からメロメロ♪

タンチョウソウが伸びあがって綺麗なお花を咲かせていました♪
イカリソウ(天の川)は、なんてやさしいお花なんでしょう~いいわぁ☆

プロフィール

ajisaikkさん(女性)

住まい
一戸建て
ガーデニング歴
9年
お気に入りの植物
山野草 シダ ホスタ クリスマスローズ カラーリーフなど
ホームページ
ホタルブクロhttp://kksgarden.exblog.jp/

編集部より

今回は樹木に囲まれた、林の中のような雰囲気が素敵なajisaikkさんのお庭を紹介します。緑豊かなところで育ったというajisaikkさんは、野や山に咲くような可憐な花を自然に集め、育てるようになったそうです。庭を眺めていると心が癒やされ、『ほっ』とするのだそう。きっとajisaikkさんにとって懐かしい風景を思い起こさせてくれる場所なのでしょうね。
ホームページでは、小さな植物もひとつひとつ紹介されていて、そのかわいらしい姿に温かい気持ちになります。そして雨にぬれたアジサイ、美しいシダの葉色、早春のクリスマスローズなど、どの季節もそれぞれの魅力があると、改めて感じさせてくれるのです。
四季の移ろいを感じるajisaikkさんのホームページ、みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ