この記事を読んだ人におすすめの記事×

クマ改善方法

寝不足になるとクマができるのはなぜ?今回はクマの原因と予防法をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

クマの原因

クマは人によって青く見えたり、黒ずんで見えたりさまざまな種類があります。クマの原因は多々ありますが、多くの要因は疲労や睡眠不足、極端なダイエット、喫煙などにより、酸素や栄養が十分に行き渡らなくなると、くすみを招き、皮膚の薄い目の下が黒ずんでクマとなり目立つようになってしまいます。

青いクマ

青いクマが目立つ人は、肌の新陳代謝が滞り、血液中の酸素が不足していることによってクマができやすくなります。また、目が疲れると血液がよどみ、慢性化すると青いクマになってあらわれます。また、色が白い人や、まぶたの皮膚が薄い人は、皮膚が透けやすく、より目立ちやすくなります。

黒いクマ

黒いクマが目立つ人は、下まぶたのたるみが原因で起こります。薄い皮膚が、年齢とともにさらに薄くなり、弱くなってくることで、目の下の脂肪を支えられなくなり、前に突出し陰が出来ることで黒いクマとして目立つことがあります。さらにむくみが加わると余計目立ってしまいます。

クマを出来にくくなるスキンケア法

青いクマの改善法

青いクマは主に血行不良や栄養不足が原因です。血液やリンパの流れを良くし、皮膚の温度を高めるマッサージが効果的です。たるみ改善で紹介した目の周りのマッサージも効果的です。また、体が休息している夜間は副交感神経が優位となって血管が拡張するため、酸素や栄養素を皮膚に送り込みやすくなります。美肌のゴールデンタイムとも呼ばれる夜の10時~午前3時までの時間帯に睡眠をとり、美肌効果をアップさせましょう。

黒いクマの改善法

黒いクマは皮膚のたるみやむくみが原因です。コラーゲンの劣化が考えられますので、コラーゲンを強化するスキンケアが重要です。ビタミンC誘導体・レチノール・ピーリングなどがコラーゲンを増やす成分を取り入れてみてください。 さらに、青いクマの改善法でご紹介したような血行を良くするマッサージ法などを実践するとより効果的です。また、むくみ体質のある方は、冷たい飲み物ばかりを飲むのではなく、体を温める飲み物に変え、過剰な塩分摂取を控えましょう。

おすすめ温冷タオルパック

①水で軽く絞ったタオルをラップに包みレンジで1分程度加熱し蒸しタオルを用意します。
②洗面器などに氷水を入れ、タオルを絞って冷却用のタオルを用意します。
③それぞれ2分間ずつ交互にまぶたの上にのせます。
熱い蒸しタオルと冷やしたタオルを交互に目に当てると血行が良くなり、疲れ目を解消して目の下の黒ずみが改善されます。毎日、夜の洗顔後に行うと効果的です。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ