この記事を読んだ人におすすめの記事×

子宮水腫の猫が手術成功後の次の日に、急変して死んでしまいました~猫の病気Q&A

このコーナーは、「猫の健康・病気」に関する質問を受付中です!猫の体について気になること、わからないことがあれば投稿してください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co
出典元URL:https//www.irisplaza.co.jp

目次

猫の病気についての質問と回答

質問内容

子宮水腫の猫が手術成功後の次の日に、急変して死んじゃいました。少し前までは元気だったのに急変したと獣医さんに言われました。子宮水腫で死に至ることはあるんですか?

質問者の情報

投稿者:さくら様
猫の年齢:10歳2か月
猫種:雑種

回答(大角先生)

子宮水腫で死に至ることはあまりありません。子宮蓄膿の場合は命にかかわります。
麻酔直前は元気だったのに術後に亡くなったのであれば、手術や麻酔に問題があった可能性も疑われます。
術前の数日前から元気や食欲が低下していたのであれば、子宮蓄膿症であった可能性があります。
どちらもレントゲンでは同じように映ります。
エコー検査で差が分かる場合もありますが、猫の子宮蓄膿症の膿はサラサラの場合も多く、判別が困難な場合もあります。
血液検査ではわかりません。
切除した子宮が残っていれば中身を調べると鑑別可能です。

回答者プロフィール

テッツ犬猫病院院長 大角哲也先生


【ホームページ】http://www.tets2.com/

仙台市若林区古城3-14-36


ひとりごと:趣味釣りなんだけど子供を連れていくと海に落ちるので最近行けない。大学時代に湘南で始めた波乗りも体力低下から3本乗ったらもうへろへろ、しかたなく最近焼き物を始める。得意料理は生粉打ち蕎麦 家が粉でちらかるので家人には不評。そこらへんの蕎麦屋より旨いと自分では思いこんでいるんだけど。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      猫用品新着

      猫用品ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ