この記事を読んだ人におすすめの記事×

第1回:まずは更地を耕すぞ

プランターだけでなく、畑でも野菜作りをしてみたい!
このコーナーでは、初心者の2人が、様々な疑問にぶつかりながら、畑でいろんな野菜を育てていきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

第1回:まずは更地を耕すぞ

メグ とうとう手作り畑で手作り野菜!が始まるね!
初日の今日は、更地を耕して、整地するところまで行います!
ゴン うん!日当たりも良いし、これから楽しみだね。
たくさん野菜作っていこう!
メグ そういえば、良く見ると、土の色が所々違うね。周りの農家さんの土とか見ると、こんなことって無いよね。
ゴン 養分の多い黒い土と、そうでもない土に分かれちゃってるんだね。きちんと耕して、混ぜてしまう方がいいんだろうけど、耕すときの注意点とかあるのかな??
早坂先生 はい、もちろんポイントはありますよ!
それは、地面は必ず水平に整地することです。
畑がきちんと水平になっていないと、雨が降ると低いところに養分が流れていってしまいます。さぁ、それでは早速、畑になる所を耕していきましょう!
メグとゴン
はーい!頑張ります!☆

本日の道具たち

  • 画像

    こちらが、今日から私達の畑になるところ。 会社の敷地内の、少し高い丘の上にあります。所在地は宮城県です。 周りに高い建物が無いので日当たりは抜群!でも自然の中にあるので、害虫や害獣、強風、雑草との戦いになることは必至です…。 それぞれについては、今後対策を紹介していきます!

  • 画像

    土の色が所々違うのは、用土などを廃棄していた場所だからだそうです。
    その分養分はたっぷりありますが、偏ってしまっているので、まずは土を混ぜて、均一にするところから始めましょう。

  • 画像

    ここは、やっぱり耕運機の出番!
    地面に接するところに、刃が回っているので気をつけてください! 土が固かったり、養分が均一でない場合は、耕運機を数回に分けてかける方が良いでしょう。 石や、草の根があれば、耕運機の合間に取り除いてしまいましょう。

  • 画像 画像

    早坂先生のアドバイスを受けて、土にバーク堆肥を混ぜることに。
    バーク堆肥とは、バークを主成分とした堆肥のことで、肥料成分はあまり多くありません。でも、土を団粒構造にしてふんわり感を出し、土壌の保水性、排水性を良くするのに効果があります。
    ここの土は養分が多いので、なるべくこれ以上養分を足さずに、土壌の性質を良くする目的で使うことにしました。 通常の土地を耕す場合は、牛ふん堆肥がオススメです。土壌を団粒構造に改良し、かつ肥料成分も補うことができます。

  • 画像

    まく量はこれくらい。地面が見えなくなるかならないかくらいの薄さで、まいていきましょう。

  • 画像

    バーク堆肥をまいたら、土壌に混ぜ込む為にもう一度耕しましょう。

  • 画像

    耕運機で全体を合計3回程耕しました。
    ここがポイント!
    土壌の養分が流れていってしまわないように、鍬でならして地面を水平にしていきましょう。 雨が降ると、雨水に養分が溶けて低いところに流れてしまい、菜園の中で、養分のばらつきが出来てしまいます。 ここで活躍するのが、本日の道具の半月鍬!早坂先生一押しの道具で、地面をならしたり、草刈りにも使えます! 後日草刈りに使用したのですが、草の根は抜けないけれど、手軽に草を刈っていけるので、とても便利でしたよ!女性でも扱いやすいので、こまめな草刈りに重宝しそうです。

  • 画像 画像

    本日はここまで! 始めはこんな更地だったところが、きれいに整地されました! 男性2名、女性2名で、約2時間で終了しました。

本日のポイントおさらい

土を耕したら、必ず水平にならすこと。

養分のある土壌を改良するには、バーク堆肥。養分の少ない土壌には、牛ふん堆肥を混ぜ込むこと。

本日の定点観測

メグ 耕すだけで、なんだか畑っぽくなったね♪
ゴン だね~!早く野菜を植えて、本物の菜園にしたいね!
早坂先生 今日はよく頑張りましたね。
メグ 耕運機だと、どんどん耕せますね!
会社の方に手伝っていただいたんですが、短時間でしっかり耕すことができました。
早坂先生 人力でできないところは、どうしてもあるので、そこは色々な機械に頼っちゃいましょう。さて次回は、土の酸度を測ってから、必要であれば石灰をまいていきますよ。
ゴン 野菜の栽培を始めるときは、必ず石灰をまくのではないんですか?
早坂先生 ここの土は、ほとんど用土でしたよね。
用土は酸度調整されてるものも多いですから、石灰が必要ない場合もあります。簡単に酸度を測れる用品も売っていますから、ぜひやってみましょう。
メグとゴン
わかりました。
これから、どうぞよろしくお願いします!

登場人物紹介

  • 早坂ひろみ先生早坂ひろみ先生
    アイリスガーデニングドットコムでお馴染みの、ガーデンプロデューサー。 お花だけでなく、野菜作りに関してもプロ!
    土作りから収穫まで、分かりやすくていねいに、メグとゴンの指導に当たってくださいます。
  • メグメグ
    プランター菜園1年生。虫は大嫌いだけど野菜は大好き! どうやって虫を触らずに作業ができるかを考えながら、今日も水やり、草抜きに励みます。
  • ゴンゴン
    プランター菜園3年生。土に触ってる瞬間が幸せ!な野菜作り大好きの菜園家。 今までプランターで野菜を作ってきましたが、畑での野菜作りは初めてです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      手作り畑で手作...新着

      手作り畑で手作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ